• ホーム
  • 芸能
  • Sexy Zone佐藤勝利が初主演映画で実感、橋本環奈の本気パンチで「壁がなくなった」

Sexy Zone佐藤勝利が初主演映画で実感、橋本環奈の本気パンチで「壁がなくなった」

 人気グループ・Sexy Zone佐藤勝利が、初の映画出演にして主演を務めた『ハルチカ』(3月4日公開)。共演する橋本環奈とともに作り上げたという、「自分と正反対」の役柄とは? 自身の音楽活動にも影響したホルン演奏、そして役者としての考え方を聞いた。

◆橋本環奈のパンチは「実は痛くなかった」

――人気青春ノベルを実写化した『ハルチカ』で、初めての映画出演&主演となった佐藤勝利さん。佐藤さん演じる上条春太(ハルタ)は、優しいけれどナイーブ過ぎるちょっぴりヘタレな男の子ですが、ご自身との共通点は?
【佐藤勝利】自分の意見を言えず、ヘタレなところは僕と正反対ですね(笑)。でも、いろいろな人の気持ちを思いやり、つねに理解しようとしている点は似ていると思います。

――橋本環奈さん演じる幼馴染みの穂村千夏(チカ)とハルタの微妙な距離感にキュンキュンしてしまいますが、演じた感想は?
【佐藤勝利】友だちよりも大切な人で身近な人だけど、恋人ではない。言葉で伝えられそうで伝えられないもどかしさというか、手に届きそうで届かない距離感。そういうのって、僕は普通の恋愛よりキュンキュンしますね。思うに、この2人の微妙な距離感がかもし出せたのは、クランクイン前にエチュード(即興劇)をたくさんやっていたことが良かったと思います。エチュードをやりながら橋本さんと友だち感覚でしゃべれるようになって、だんだん自然な関係が築けたんですよね。

――吹奏楽部に無理矢理に入部させられるハルタは、部員勧誘するチカにバンバン叩かれたりして。チカとハルタの関係があの場面によく出ています。
【佐藤勝利】あのシーンの撮影がクランクインだったので、すごく緊張しながらも、良かったと思っています。橋本さんと僕の壁がなくなるというか、一瞬で役に入った感じ。もちろん橋本さんは本気でパンチを入れてくれましたけど、実はそんなに痛くなかった(笑)。

◆初めてホルン演奏にも挑戦、ソロコンサートでも披露

――今回、初めてホルンに挑戦したそうですね。猛特訓の成果に満足していますか?
【佐藤勝利】撮影前の4ヶ月くらい練習して、とっても気に入りましたね。撮影が終了してからもずっと練習は続けていて、僕のソロのコンサートの時にも演奏したんですよ。ホルンは調和を求めなければいけない楽器だったりするので、ハルタの性格とリンクしているなと感じたりもして。たぶん役作りの上でもホルンは役に立っていたと思います。

――ホルンを独奏するシーンは、納得いくまで撮り直しをしたとか?
【佐藤勝利】他のキャストのみんなはコンクールのシーンを撮って終わりだったんですが、僕だけはその翌日に「サリーガーデン」という曲をソロで吹くシーンが残っていて。やっぱり、ホルンを吹きながらお芝居もしなきゃいけないし、なかなかうまくいかなかったんですよね。監督さんからなかなかOKが出なかったし、僕自身OKだと思わなかったので、時間がかかりました。

――映画初出演で主演を果たしたわけですが、映画ならではの魅力は何だと思いますか?
【佐藤勝利】映画は監督さんが変わらない、という魅力があります。それに、ドラマは10話くらいを3ヶ月ほどで撮るんですが、映画は約2時間の物語を数ヶ月という長い時間をかけて撮っていく。そのじっくりと時間をかけて作っていくのが好きだなと思いました。台本も先に出来上がっていて、役作りにも時間をかけられる。そういうやり方は、僕に合っていると思いました。これを機に、今後もいろんなジャンルの映画を経験できたらいいなと、あらためて思いました。
(文:金子裕子)



オリコントピックス