• ホーム
  • 芸能
  • 『ガッテン!』番組冒頭で謝罪 糖尿病と睡眠薬めぐる表現「混乱招いた」

『ガッテン!』番組冒頭で謝罪 糖尿病と睡眠薬めぐる表現「混乱招いた」

 2月22日放送のNHK総合『ガッテン!』(毎週水曜 後7:30)で、糖尿病の治療に睡眠薬の服用が効果があるかのような表現があり専門家などから指摘が相次いでいた問題で、同番組は3月1日の放送回で「説明が不十分だったり、行き過ぎた表現があったため混乱を招いてしまいました」と謝罪した。

 番組冒頭、司会の小野文惠アナウンサーは「説明が不十分だったり、行き過ぎた表現があったため混乱を招いてしまいました。申し訳ございませんでした」と頭を下げ謝罪。その上で、糖尿病と睡眠障害、および睡眠薬の服用について改めてボードを使い解説し、「糖尿病の治療に直接睡眠薬を使うことは認められていません」と伝えた。

 約3分間にわたり番組の放送内容の誤りを説明した小野アナは、最後に改めて「今後は一段と正確な情報の収集につとめ、皆さんのお役に立てる番組を目指して努力してまいります」と視聴者に呼びかけ、頭を下げた。

 番組の公式サイトでは、「『最新報告!血糖値を下げるデルタパワーの謎』をご覧になった皆様へ」と題した謝罪文を掲載し、放送内容の誤りを詳しく解説している。



オリコントピックス