• ホーム
  • 芸能
  • 『R-1』優勝のアキラ100%、今後も“裸”貫く「服は着たくない」

『R-1』優勝のアキラ100%、今後も“裸”貫く「服は着たくない」

 “ひとり芸日本一”を決める『R-1ぐらんぷり2017』決勝戦が2月28日、東京・台場のフジテレビで行われ、アキラ100%(42)が王座に輝いた。優勝後に行われた会見でも、トロフィーで大事な部分を隠す芸や、両手でバンザイしながら隠す芸で沸かせ、「最高です!」と喜びを爆発。今後“宴会芸”として人気を集めそうだが、「見せたら笑えないので絶対に見せないで。良い子のみんなはまねしないように!」と呼びかけた。

【写真】その他の写真を見る


 お盆で股間を隠しながらお手玉などさまざまな芸を行い、ヒヤヒヤ感と笑いを融合させたアキラ100%。決勝ブロックでは最近ブレイク中のブルゾンちえみと争ったことには「視聴者投票では絶対負けると思っていた。会場に来ている方たちの心をつかむしかないという強い気持ちでやりました」と振り返った。

 優勝賞金の500万円は「まずは春服を買いたい」と笑わせ、「結婚をしているので、広い家に住みたい」と笑顔。同い年の妻には電話で優勝を伝えたといい、「号泣していました。テレビに出られることをすごく喜んでくれる。新しい技は妻にチェックしてもらって『見えてるよ〜』とか教えてもらっています」と話していた。

 今後も「正直服は着たくない。できればいけるところまで裸でいきたい」と“裸芸人”続行を宣言。「服を着るとスタッフさんによく間違えられる」と悩みを漏らすも、副賞として全国ネットで冠番組も授与され、「ジャスティン・ビーバーに会いに行くとか、無茶なことをしたい」と意気込んでいた。



関連写真

  • 『R-1ぐらんぷり2017』で優勝を果たしたアキラ100% (C)ORICON NewS inc.
  • 『R-1ぐらんぷり2017』で優勝を果たしたアキラ100% (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス