NSC卒業ライブ 一橋大の現役生がV

 NSC(吉本総合芸能学院)東京校22期生の卒業ライブ『NSC大ライブ TOKYO 2017』が22日、都内で開催された。卒業生102組が1年間の集大成を見せる中、来月に一橋大学を卒業予定の中野なかるてぃん(22)と日本大学法学部卒のヤス(23)からなるコンビ・ナイチンゲールダンスがネタバトルを制した。

 ナイチンゲールダンスは予選を1位で通過すると、8組によるトーナメント形式で行われた決勝も余裕すら漂わせながら優勝を決めた。中野は「すごくうれしいです」と破顔一笑。中野は医師の父と歯科医の母を持ち、自身も今春に一橋大法学部を卒業する予定の超インテリ。弁護士を志していたが、お笑いサークルを通じて知り合ったヤスにツイッターで誘われて、NSCの門を叩いた。

 ヤスは「1ヶ月かけて洗脳しました」とガッツポーズするも、中野は「(洗脳)された覚えはないんですけどね…。きょう、お母さん来ていたんですけど『洗脳』というワードにリアクションがなかった。僕は本当に自主的にお笑いがやりたかった!」と必死にアピール。それでもヤスは「まずは大きな目標を掲げて、徐々に自分で下げていく」と手法を語り「本人がされた覚えがないのが本当の洗脳ですね」としたり顔だった。

 優勝したナイチンゲールダンスは、3月5日に大阪・なんばグランド花月で行われるダウンタウンがMCのイベント『よしもとゴールデンアワー』に出演する予定。中野は「(ダウンタウンとの共演は)予想してたより何年も早い。自信を持って頑張ります」と決意を表明し、ヤスも「先輩方の胸を借りるつもりでやらせていただきます」と力強く語った。



関連写真

  • ガッツポーズを決めるナイチンゲールダンス(左から)中野なかるてぃん、ヤス (C)ORICON NewS inc.
  • 優勝を決め歓喜するナイチンゲールダンス (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス