• ホーム
  • 芸能
  • 潮田玲子、夫の増嶋選手移籍で仙台にお引っ越し「牛タンもお魚もおいしい」

潮田玲子、夫の増嶋選手移籍で仙台にお引っ越し「牛タンもお魚もおいしい」

 元バドミントン日本代表でタレントの潮田玲子が15日、東京・渋谷で開催された、かんぽ生命保険による「かんぽ Eat & Smile プロジェクト」キックオフPRイベントに出席した。

【写真】その他の写真を見る


 ジュニア野菜ソムリエ、ソイフードマイスター、アタッチメント食育インストラクターなど食に関する資格を持つ潮田。そこまで食にこだわる理由はやはり、夫のサッカーJ1ベガルタ仙台の増嶋竜也選手にあると語る。自宅での料理について「戦える体にしないといけないので、バランス良く、高タンパク、低脂肪のメニューを意識しています。おいしいもので笑顔にしたい」とアスリートの妻としての配慮を明かした。今季からの増嶋選手の移籍に伴い、家族で仙台に引っ越ししたばかりで、潮田は「宮城は牛タンもお魚も、おいしいので食を楽しみたいですね」と食道楽な一面も見せた。

 2015年には長男が誕生しており、潮田は「子どもを生んでから食育を気に掛けるようになり、食べたもので体はできていることを実感しました」と母の顔で柔和に吐露。そんな長男の成長ぶりについては「私が体育館でバドミントンをする姿を見せたら、息子は家でしぐさをまねし始めた。でもサッカーボールを渡したら、今度は蹴って遊ぶようになった。将来はどちらのスポーツをやるのかわからないですけど、親としては違うスポーツをやってほしいですね」と、長男にはアスリートのサラブレッドとしての“第3の道”への期待を語った。

 いよいよ料理の試食の時間になり、潮田は「待ってました!」とにっこり。今プロジェクトでオリジナルメニューをプロデュースしているグルメブロガーユニット「食べあるキング」のブロガー・フォーリンデブはっしー、モデルの田中里奈、料理研究家・栄養士の中山桜甫らのメニューが登場。

 田中考案の「一皿でキレイのいいとこどり! ザクロはじける! 彩りチキンプレート」を食した潮田は「スイーツみたい。ザクロがおいしい!」と感激。また、はっしー考案の「昼からワクワク♪ ニクニク♪ フォトジェ肉! ローストビーフ丼」に潮田は「お肉が本当に柔らかい! 見ても食べてもおいしい!」と顔をほころばせていた。

 「かんぽ Eat & Smile プロジェクト」は、“食”を通じて人々の心と体の健康を促進するプロジェクト。3月12日まで「食べあるキング」のメンバーらがプロデュースしたオリジナルメニューが渋谷・青山エリアの飲食店で提供される。



関連写真

  • 「かんぽ Eat & Smile プロジェクト」イベントに出席した潮田玲子 (C)oricon ME inc.
  • 「かんぽ Eat & Smile プロジェクト」イベントに出席した潮田玲子 (C)oricon ME inc.
  • 「かんぽ Eat & Smile プロジェクト」イベントに出席した潮田玲子 (C)oricon ME inc.
  • 「かんぽ Eat & Smile プロジェクト」イベントに出席した潮田玲子 (C)oricon ME inc.
  • 「かんぽ Eat & Smile プロジェクト」イベントに出席した潮田玲子 (C)oricon ME inc.
  • (左より)潮田玲子とかんぽ生命社長の石井雅実氏(C)oricon ME inc.
  • 「かんぽ Eat & Smile プロジェクト」イベントに出席した潮田玲子 (C)oricon ME inc.

オリコントピックス