• ホーム
  • 芸能
  • 清水富美加の所属事務所が声明「本人の意思を最大限尊重」

清水富美加の所属事務所が声明「本人の意思を最大限尊重」

 宗教団体『幸福の科学』への出家を発表した清水富美加(22)の所属事務所は14日、騒動を謝罪するとともに「本人の意思を最大限尊重し、可能な限り本人の希望に沿う形で円満に話を進めていく」という見解を示した。

 書面を通じて「この度は、弊社所属タレント・清水富美加の『出家』に関する一連の報道において、お騒がせしており誠に申し訳ございません」と謝罪。

 これまでの経緯として「本年1月末頃、清水富美加本人から弊社スタッフに、幸福の科学に出家すること、そして出家に伴い弊社との契約を終了させたいことの希望がございました。弊社としては、突然の告白に大変衝撃を受けましたが、出家及び契約の終了について一切の否定をしておりません(ただし、契約の終了時期につきましては別途協議の申入れをしております)」と説明した。

 決定している仕事については「プロフェッショナルとしての責任を持ってやり遂げてもらいたいという弊社の思いから、本年2月2日から弊社代理人弁護士と清水富美加の代理人弁護士との間で、契約終了の時期について協議を進めてきた次第です」とし、今後についても「当初から一貫して、本人の意思を最大限尊重し、可能な限り本人の希望に沿う形で円満に話を進めていくつもりでおります」とコメントしている。

■以下、コメント全文

 この度は、弊社所属タレント・清水富美加の「出家」に関する一連の報道において、お騒がせしており誠に申し訳ございません。
 日頃より、清水富美加を応援してくださっているファンの皆さま、そして関係者の皆様にはご心配とご迷惑をおかけしておりますことを、深くお詫び申し上げます。

 本件につきまして、改めて弊社が把握している事実及び弊社の方針をご報告させていただきます。

 本年1月末頃、清水富美加本人から弊社スタッフに、幸福の科学に出家すること、そして出家に伴い弊社との契約を終了させたいことの希望がございました。

 弊社としては、突然の告白に大変衝撃を受けましたが、出家及び契約の終了について一切の否定をしておりません(ただし、契約の終了時期につきましては別途協議の申入れをしております)。

 もっとも、お取引先等の関係各位にご迷惑をおかけすることのないよう、既に決定しているお仕事に関しては、プロフェッショナルとしての責任を持ってやり遂げてもらいたいという弊社の思いから、本年2月2日から弊社代理人弁護士と清水富美加の代理人弁護士との間で、契約終了の時期について協議を進めてきた次第です。

 連日の報道の中で様々な憶測が飛び交っておりますが、弊社といたしましては、当初から一貫して、清水富美加本人の意思を最大限尊重し、可能な限り本人の希望に沿う形で円満に話を進めていくつもりでおります。
 現在、上記方針のもとで、弊社の代理人弁護士が清水富美加の代理人弁護士との間で協議を行っている最中でございますが、本件が一刻も早く解決に至り、皆様にご報告ができますよう鋭意努力して参る所存でございます。報道関係者各位におかれましては、どうかご理解・ご配慮をお願いしたく存じます。

 末筆ながら、このたびの騒動につき、皆様にご心配とご迷惑をおかけしておりますこと、重ねてお詫び申し上げます。

株式会社レプロエンタテインメント
代表取締役社長
本間憲



オリコントピックス