• ホーム
  • 芸能
  • 高畑充希、一人二役に挑戦 アニメ映画『ひるね姫』スピンオフHuluで配信

高畑充希、一人二役に挑戦 アニメ映画『ひるね姫』スピンオフHuluで配信

 『東のエデン』『精霊の守り人』『攻殻機動隊S.A.C.』などのアニメーション作品で知られる神山健治監督初の劇場オリジナルアニメーション『ひるね姫〜知らないワタシの物語〜』(3月18日公開)の“もうひとつの物語”として、短編『エンシェンと魔法のタブレット〜もうひとつのひるね姫〜』が制作中であることがわかった。公開に先駆け、3月上旬より動画配信サービス「Hulu」で配信予定。

【写真】その他の写真を見る


 短編では、映画本編の主人公である高校生・森川ココネがみる夢の中に現れるもうひとりの主人公・エンシェンの冒険が描かれる。それは、幼い頃のココネが父親から聞かされていた不思議なおとぎ話。このおとぎ話に隠された、ある秘密とは? その秘密に託された、父親・モモタローの想いとは? 映画本編を観る前でも、観た後でも、さらに深く物語を楽しめる作品となっている。

 エンシェンの声は、ココネを演じる高畑充希、エンシェンと行動をともにする情熱あふれる若者・ピーチは、映画本編ではココネの父親・森川モモタロー役の江口洋介が演じる。映画の渡辺役・古田新太は異端審問官・ベワン、同じく志島自動車会長役の高橋英樹はハートランド王を担当。それぞれ、一人二役を演じる。

 高畑は「ココネとエンシェン。2人の女の子を声だけで演じ分ける、と聞いた時はかなりアタフタしてしまいましたが、神山監督がそんなに無理して変える必要はないです、と言ってくださったので、安心してアフレコすることができました。ココネにはココネの、エンシェンにはエンシェンの正義を大切に。楽しく演じさせていただけて、幸せでした」とコメント。

 江口も「モモタロー/ピーチの2役の演じ分けは意識せずに、すんなり演じられたと思っています」と手応えを語り、「実写の撮影とは違って、画コンテを見ながら声を入れていく作業でしたので、とても新鮮で面白い経験になりました。声だけで表現することがクセになるかもしれませんね」と新境地に至っていた。



関連写真

  • 映画『ひるね姫〜知らないワタシの物語〜』のもうひとつの物語、Huluオリジナル『エンシェンと魔法のタブレット〜もうひとつのひるね姫〜』3月上旬より配信開始(C)2017 ひるね姫製作委員会
  • 高校生・森川ココネがみる夢の中に現れるもうひとりの主人公・エンシェンの冒険が描かれる短編作品
  • エンシェンと行動をともにする情熱あふれる若者・ピーチを、映画ではココネの父親・森川モモタロー役の江口洋介が演じる(C)2017 ひるね姫製作委員会
  • 映画『ひるね姫〜知らないワタシの物語〜』のもうひとつの物語、Huluオリジナル『エンシェンと魔法のタブレット〜もうひとつのひるね姫〜』3月上旬より配信開始(C)2017 ひるね姫製作委員会
  • 映画『ひるね姫〜知らないワタシの物語〜』のもうひとつの物語、Huluオリジナル『エンシェンと魔法のタブレット〜もうひとつのひるね姫〜』3月上旬より配信開始(C)2017 ひるね姫製作委員会
  • 映画『ひるね姫〜知らないワタシの物語〜』(3月18日公開)(C)2017 ひるね姫製作委員会

オリコントピックス