• ホーム
  • 芸能
  • 東国原英夫、ネットの“うそ情報”と対決 真相はこっちだ

東国原英夫、ネットの“うそ情報”と対決 真相はこっちだ

 宮崎県知事経験もあるタレントの東国原英夫が、30日放送のテレビ朝日系『EXD44』(毎週月曜 深0:15※一部地域を除く)の企画「Wikipediaの情報を本人がガチ修正」(担当:舟橋政宏ディレクター)に出演し、いまや辞書代わりに使う人も多いインターネット百科事典「ウィキペディア」に掲載されている自身の情報を検証する。

 「ウィキペディア」の掲載内容の真偽は定かではないにもかかわらず、書いてあるまま鵜呑みにされてしまいがちなのが現状。東国原はまず、自身のウィキペディア情報を細かくチェック。「逮捕・犯罪歴」「不祥事」といった、テレビタレントとは思えないような項目が並んでいて…。

 かつて芸能活動を長期謹慎する理由となった淫行事件については、「法的に罪を問われたのではなく、警察の捜査に協力しただけ」と、当時の詳しい事情を告白。さらには風俗店で受けたサービス内容まで生々しく語る。

 今後、ウィキペディアへの誤報掲載を防ぐ対策として、東国原はツイッターで「あなたの持っている私に関する情報を送ってください。正しいかどうか判断します」と呼びかけることに。すると…大量の書き込みが、あっという間に寄せられることに。上西小百合議員との関係の真実、かつて“フライデーされた”自身の全裸写真、自転車窃盗の噂、ラッシャー板前との不仲説の真相など、ネットユーザーから集められたキワどい質問の数々に、「そこまで正直にならなくても…」というくらい、隅から隅まで答えていく。



オリコントピックス