• ホーム
  • 芸能
  • 平愛梨『ヒルナンデス!』涙で卒業 ネットでも惜しむ声が続々

平愛梨『ヒルナンデス!』涙で卒業 ネットでも惜しむ声が続々

 サッカー日本代表DFの長友佑都選手(30)と今月29日に結婚する女優・平愛梨(32)が26日、木曜レギュラーを務める日本テレビ系『ヒルナンデス!』(月〜金 前11:55)を卒業した。この日に放送されたラストロケVTRで大粒の涙を流した平は、エンディングでもMCの南原清隆から花束を受け取り、レギュラー陣から声をかけられると、こらえきれずに涙を浮かべた。

 平は番組がスタートした2011年3月からレギュラーとして同番組に出演。槇原敬之が歌う主題歌「LUNCH TIME WARS」のミュージックビデオでは、センターポジションを務めるなど、番組に欠かせない存在として約6年間にわたって活躍してきた。今月12日の放送で「1月いっぱいでお仕事はセーブする予定です。長友さんのいるところへ飛び立とうと思います」と打ち明けていた。

 この日は平の卒業スペシャルとして、平が行きたい場所を訪れるVTRを放送。憧れていたというイタリア料理のシェフのお店を訪問し、長友選手も絶賛する生姜焼きを手料理で振る舞ったほか、プライベートでも仲良しという水卜アナと2人きりで焼肉を楽しんだ。

 焼肉屋では、2人が仲良くなったきっかけや結婚への覚悟、『ヒルナンデス!』への思いを語り合い、最後に水卜アナが手紙を読み上げると、平は「卒業する日が来るとは思ってなかった」とこらえきれずに号泣。水卜アナももらい泣きしていた。

 VTR後のスタジオでのエンディングで、レギュラー陣が平にメッセージ。関ジャニ∞の横山裕やお笑い芸人の友近などが感謝の言葉を述べたが、お笑いコンビ・サバンナの高橋茂雄と八木真澄、北陽の虻川美穂子らは涙をこらえきれず、スタジオは感動的な空気に包まれた。

 最後にコメントを求められた平は「ヒルナンデス!関係の皆さん、日本テレビの皆さん、テレビをご覧の皆さん、本当につまらない私に居場所を与えてくださってありがとうございました。皆さんに支えていただいた分、長友さんを一生懸命支えて、私なりに頑張ります。ありがとうございました」と涙を浮かべながら最後のあいさつをした。

 ネット上でも平の卒業は大きな話題となっており、『ヒルナンデス!』の終了が近づくに連れて、SNSでも「愛梨ちゃんの卒業さみしい〜!」「愛梨の最後だから、テレビから目を離せない…」「水卜さんの手紙、感動したなぁ」「平さんがメンバーから愛されてるのがメッチャ分かった」「イタリアに行っても、オフシーズンはいつでも帰ってきてね!」などの声が続々と投稿された。

 平は昨年12月24日、長友と共に都内で会見し婚約を発表。今月29日の入籍後は仕事をセーブし、長友がプレーするイタリアへ移住すると発表していた。



オリコントピックス