• ホーム
  • 芸能
  • 松方弘樹さん死去 74歳 昨年3月に脳リンパ腫と診断

松方弘樹さん死去 74歳 昨年3月に脳リンパ腫と診断

 俳優の松方弘樹(本名:目黒浩樹=めぐろ・こうじゅ)さんが、脳リンパ腫のため今月21日に死去した。74歳だった。葬儀は生前の本人の意志を尊重し、近親者のみで執り行われた。お別れ会については、今後協議される。

 松方さんは昨年2月、脳腫瘍のため出演予定だった3月からのコンサートと6月からの舞台の中止を発表。その後、医師より脳リンパ腫と診断され、所属事務所は「完全復帰を目指し治療と療養に専念させていただきたく存じます。松方本人も皆様方からいただいております心温まる激励を糧に一日も早く病を乗り越え元気な姿をご報告出来る様にと闘病生活への意気込みを語っております」とFAXで発表していた。

 松方さんは1942年7月23日東京都生まれ。父は俳優の近衛十四郎、母は女優の水川八重子、弟は俳優の目黒祐樹。60年に東映に入社し、主演作『十七歳の逆襲・暴力をぶっ潰せ』でデビュー。『赤穂浪士』『次郎長三国志』など時代劇を中心に二枚目スターとして人気を得る。主な出演作は映画『眠狂四郎円月殺法』『仁義なき戦い』『江戸城知覧』、ドラマ『HOTEL』『サラリーマン金太郎』など。

 俳優のほか、バラエティー番組『天才・たけしの元気が出るテレビ』ではコミカルな一面も見せ、話題を呼んだ。幼少期からの釣り好きを生かし『松方弘樹・世界を釣る!』をはじめ数々の釣り番組を持ち、マグロの大物を釣るたびにニュースとなっていた。



オリコントピックス