• ホーム
  • 芸能
  • 中村蒼、交際6年の一般女性との結婚を発表 交際記念日にゴールイン

中村蒼、交際6年の一般女性との結婚を発表 交際記念日にゴールイン

 俳優の中村蒼(25)が21日、自身のブログを更新し、かねてより交際していた一般女性と結婚したことを発表した。

 中村は「ご報告」と題したエントリーで、「突然のご報告となり、申し訳ございません。この度、私事ではありますが、かねてよりお付き合いをさせて頂いていた一般女性の方と入籍を致しましたのでご報告をさせて頂きます」と報告。

 お相手の女性を「6年ほど交際をさせて頂き、自分の事を陰ながら支えてくれました」と紹介。交際を重ねる中で「自然と結婚を意識するようになり、お付き合いを始めて6年目の記念日となる1月21日に入籍させて頂くことを決めました」と、結婚記念日について説明した。

 人生の節目を迎え、「まだまだ未熟者ではございますが、これからもより一層役者として精進していく所存でございます。皆様には温かい目で見守って頂けたら幸いです」とつづっている。

 中村は2005年に「第18回ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」でグランプリを受賞して芸能界入りし、翌06年に寺山修司原作による舞台「田園に死す」で主演デビュー。その後もドラマ、映画、舞台に幅広く出演。代表作は映画『ひゃくはち』(2008)、『BECK』(2010)、ドラマ『花ざかりの君たちへ〜イケメン☆パラダイス〜2011』、『せいせいするほど、愛してる』(2016)など。



オリコントピックス