• ホーム
  • 芸能
  • 片岡安祐美、元DeNA投手との交際認める「お互い刺激となり支えとなる」

片岡安祐美、元DeNA投手との交際認める「お互い刺激となり支えとなる」

 クラブ野球チーム「茨城ゴールデンゴールズ」の選手兼任監督を務める片岡安祐美(30)が8日、自身のブログを更新。同日、元プロ野球・DeNA投手で現在はラーメン店店主の小林公太氏(25)と真剣交際が一部で報じられたことについて「良いお付き合いをさせていただいております」と交際の事実を認めた。

 報道によると、2人は2015年夏に共通の知人を介して知り合い交際に発展。現在はお互いの実家と家族ぐるみの付き合いを続けていると報じられていた。

 片岡は「私事で申し訳ありませんが、今朝のスポーツ紙の記事にありました通り、小林公太さんと良いお付き合いをさせていただいております」と告白。今後については「引き続き、いや今まで以上に、野球にお仕事にと頑張りたいと思います。お互いにとって、刺激となり支えとなるよう、お互いのやるべきことを第一に考え行動していきたいと思います」と抱負をつづった。

 また、「そして何より! 私たちのことなんかがこんなに大きく取り上げてくださったことに、申し訳なさとびっくりなのとこっぱずかしいのと…これが正直な気持ちです」と報道への驚きを隠せない様子で語っている。

 小林氏は2009年、ドラフトでDeNAに育成2位で指名されたが、12年に戦力外通告。現在は都内でラーメン店を経営している。



オリコントピックス