• ホーム
  • 芸能
  • 河合美智子、脳出血による右半身麻痺から復帰へ 出演映画公開に向けリハビリ

河合美智子、脳出血による右半身麻痺から復帰へ 出演映画公開に向けリハビリ

 女優の河合美智子(48)が昨年夏、出演映画『ママ、ごはんまだ?』(木南晴夏主演 2月11日公開)の完成直後に脳出血で右半身麻痺(まひ)となり、入院生活を送っていたことが13日、明らかになった。現在はリハビリのかいあって回復し、映画公開初日の舞台あいさつに間に合う見込みだという。

【写真】その他の写真を見る


 河合は脳出血で救急搬送後、発見が早かったため一命は取り留めたものの、長期の入院を告げられ、麻痺もどこまで回復するか明言できないと言われていた。一時は映画の舞台あいさつを断念しかけるも、思い入れある同作を一人でも多くの人に観てもらいたいとの思いでリハビリに励み、奇跡的な回復をみせた。

 発症当時を振り返った河合は「当日は言語障害もありましたし、右手も右足も全く動かず、丸太が生えてるような感覚でしたので、私も薄々は気づいていましたよ…どえらいことが起きてしまったんだろうと」と話し、「でも最初に考えたことといえば『ま、起きてしまったことはしょうがないか…。はっ! それより映画の初日にはどうなってるんだろう』ということでした」と当時の心境を明かす。

 初日に間に合わせたい一心でリハビリに励んだほど強い思いを抱く同映画について「とにかく美味しそうで、なかなか面白い作品です。ぜひ劇場でご覧ください。まだちょっと麻痺はあるけど、私は元気です」とアピールした。

 映画は歌手・一青窈の姉である女優でエッセイストの一青妙(ひとと・たえ)によるエッセイ『私の箱子』『ママ、ごはんまだ?』を基にした物語。台湾人の父と日本人の母・かづ枝の間に生まれた妙・窈姉妹が、亡くなった母の残した台湾料理のレシピ帳にまつわる“秘密”を知り、ある思いに駆り立てられ台湾へと向かう。姉の妙を木南晴夏、妹の窈を藤本泉が演じ、河合は母・かづ枝役を務める。



関連写真

  • 映画『ママ、ごはんまだ?』公開初日に復帰予定の河合美智子 (C)一青妙/講談社(C)2016「ママ、ごはんまだ?」製作委員会
  • 映画『ママ、ごはんまだ?』(C)一青妙/講談社(C)2016「ママ、ごはんまだ?」製作委員会
  • 映画『ママ、ごはんまだ?』(C)一青妙/講談社(C)2016「ママ、ごはんまだ?」製作委員会
  • 映画『ママ、ごはんまだ?』(C)一青妙/講談社(C)2016「ママ、ごはんまだ?」製作委員会

オリコントピックス