• ホーム
  • 芸能
  • 木村拓哉&TOKIO国分「20年ぶり」テレビ共演 “先輩”と呼び緊張

木村拓哉&TOKIO国分「20年ぶり」テレビ共演 “先輩”と呼び緊張

 元SMAP木村拓哉(44)が13日、TBS系朝の情報番組『白熱ライブ ビビット』(月〜金 前8:00)に出演。番組MCのTOKIO国分太一(42)も「20年ぶり」と明かすほど貴重な2人のテレビ共演が実現した。

 この日、木村は同局の主演ドラマ『A LIFE〜愛しき人〜』(15日スタート、毎週日曜 後9:00)のPRで出演。国分も番組冒頭から「楽屋だったりメールなどではお話してるんですけど、テレビでお話するのは20年ぶりくらい、僕の番組に来てもらうのは初めてかもしれない」と緊張の面持ちで語った。

 登場した木村を「先輩」と呼び恐縮する国分に対し、肩をもんで緊張感を和らげようとする木村。「先輩って呼ぶのやめてくれ」と木村が苦笑すると国分は照れながら「パイセン」と言い換えていた。

 リアルな医療ドラマを追求した同作、木村は手術シーンの撮影にまる2日をかけ、代役なしで挑んだエピソードなどを語った。この日ともに出演した竹内結子、浅野忠信ら共演者についても「このキャストたちがいてくれて、毎回化学反応が起こるので、その場で色々な“事件”が起きる」と刺激的な撮影現場の様子を明かし、「全キャストで、ワンカットずつ全力で撮影を重ねています」と見どころをアピールしていた。



オリコントピックス