• ホーム
  • 芸能
  • カンテレ新人・服部アナ『R-1』2回戦進出「またネタを考えなきゃ」

カンテレ新人・服部アナ『R-1』2回戦進出「またネタを考えなきゃ」

 関西テレビの新人アナウンサー・服部優陽(ゆうひ)が4日、大阪市内で行われたひとり芸のナンバーワンを決める『R-1ぐらんぷり』1回戦に出場。“中二病”をテーマに作成したネタを披露し、「もう少し笑いを取れるかなと思ったんですけど、全く反応が無くて(笑)。でも逆に、斬新で楽しかったです。快感に変わりそうでした」と満足げ。その後、宿直勤務で夜のニュース読みに備えていたところで1回戦突破を通知され、「え!? うれしいです! まだ受け止められないです! うわ、またネタを考えなきゃ(笑)」と喜んだ。

【写真】その他の写真を見る


 同大会はプロ・アマ問わずに出場可能。過去には、カンテレの吉原功兼アナ、堀田篤アナ、川島壮雄アナ、坂元龍斗アナが『R-1ぐらんぷり2009』に参戦し、坂元アナが2回戦へ進出。服部アナは“先輩超え”の3回戦進出を目標に掲げている。

 1回戦では、幼少期から大好きだったというRPGの知識を駆使し、「ゼルダの伝説」を取り入れた笑いを独自の世界観で表現。本業のアナウンサーとしての声量を存分に活かしたセリフに会場から温かい拍手が送られる一幕もあった。

 ネタを見た同期からのダメ出しを受けて「深夜0時からネタを切り替えて、今朝4時までネタを考えて臨みました」と変更を決断したといい、「小道具はここに来る前に、カラオケボックスで作りました。できたてホヤホヤのネタで、同期に見せる時間もなく、ものすごく不安だったんですが、この道具を持って電車に乗ってやって来ました(笑)」と振り返った。

 服部アナは今月18日と19日に大阪で行われる予選2回戦に出場。決勝戦は今春、フジテレビ・関西テレビ系で生放送される。



関連写真

  • 『R-1 ぐらんぷり2017』1回戦を突破した関西テレビの服部優陽アナウンサー (C)関西テレビ
  • “中二病”をテーマに作成したネタを披露 (C)関西テレビ
  • 『R-1 ぐらんぷり2017』1回戦を突破した関西テレビの服部優陽アナウンサー (C)関西テレビ
  • 『R-1 ぐらんぷり2017』1回戦を突破した関西テレビの服部優陽アナウンサー (C)関西テレビ

オリコントピックス