• ホーム
  • 芸能
  • 芸人×役者、新しいネタ番組誕生 ノンスタ石田、バイきんぐ小峠らが参加

芸人×役者、新しいネタ番組誕生 ノンスタ石田、バイきんぐ小峠らが参加

 芸人が小説や脚本などで才能を開花させる一方で、コント番組などでお笑いに挑戦する役者が増え、両者の垣根が低くなっている昨今、“芸人が書いたネタ台本”を“役者が演じる”新番組『笑(ワラ)×演(エン)』が、5日(深0:15〜1:15)にテレビ朝日(※一部地域を除く)で放送される。

【写真】その他の写真を見る


 漫才やコントで日本一に輝いた芸人4人がネタを作り、そのネタを映画や舞台、ドラマなどで活躍している俳優4組8人が披露。俳優同士の組み合わせ、芸人がどの役者コンビにネタを書くか、いずれもくじ引きで決定した。

 バイきんぐ小峠英二(『キングオブコント2012』王者)が書き下ろしたコントを披露するのは、石丸謙二郎遠藤要サンドウィッチマン富澤たけし(『2007年M-1グランプリ』王者)の漫才は榎本孝明&寺田農ライス(田所仁、関町知弘/『キングオブコント2016』王者)のコントは野村宏伸光宗薫。そして、NON STYLE石田明(『2008年M-1グランプリ』王者)の漫才に中野英雄中尾明慶が挑戦する。

 番組では、ネタ披露の本番だけでなく、“芸人のネタ作り”と“役者の役作り”の裏側にも密着。芸人はネタ作りから演出まで担当し、稽古(けいこ)にも立ち会って、俳優たちとひとつの舞台を作り上げる過程を追う。

 このほど、都内スタジオで収録が行われ、本番のネタ披露をやり遂げた直後の中野、中尾コンビは「お客さんからひとつ笑いをもらった瞬間に、自分の中のスイッチが変わった!」(中野)、「漫才はアクシデントも含めて調理する、その感覚が面白かった!」(中尾)と、大興奮。

 「お二人の名前を見た瞬間にパッとひらめいた」(石田)というネタは、中野の強面ぶりをイジる内容で、中尾がボケ、中野がツッコミを担当。2人は練習中、石田からLINEで長文のダメ出しが来たことも明かし、中野は「“あのアドリブは本筋をおかしくするからやめてほしい”とか、けっこうキツめなことまで…(笑)。石田さんは脚本家であり、演出家だと感じました」と、石田の“笑い”にかける情熱に感服していた。

 「お笑いで賞を取るまで頑張っちゃおうかな(笑)」という中野に対し、中尾は「役者ではなかなか味わうことのできない喜びを感じることができました。“笑い”について考えるよい機会をいただきましたが、石田さんに呼び出されるのは嫌なので、これでコンビ解散とさせてください(笑)」と語り、石田のスパルタが相当堪えた様子だった。

 本番では途中、中野が激しいツッコミを入れた拍子に中尾のピンマイクが外れてしまうというハプニングも発生したが、「役者さんって、本番に強いんやなぁ! 100点ですね!」と石田も大絶賛。「ツッコミの“間”が多少ズレたとしても、お二人には“人間力”ともいうべきものがあるので、まったく問題ナシで素晴らしかった」と太鼓判を押していた。

 ゲストとして、RENA(女子シュートボクサー、総合格闘家)、八木かなえ(女子重量挙げ選手)が出演。進行は同局の大西洋平アナウンサーが務める。



関連写真

  • 1月5日深夜放送、テレビ朝日系『笑×演』=NON STYLE・石田明が書き下ろした漫才ネタを披露する(左から)中野英雄、中尾明慶(C)テレビ朝日
  • ネタ作りの裏側にも密着(C)テレビ朝日
  • バイきんぐ・小峠英二のコントネタを演じるのは超ベテラン俳優の榎本孝明&寺田農(C)テレビ朝日
  • 1月5日深夜放送、テレビ朝日系『笑×演』(C)テレビ朝日

オリコントピックス