• ホーム
  • 芸能
  • ウエンツ瑛士、中居正広に「めちゃめちゃ怒られた」過去明かす

ウエンツ瑛士、中居正広に「めちゃめちゃ怒られた」過去明かす

 タレントのウエンツ瑛士(31)が1日放送のフジテレビ系『ワイドナショー 元旦SP』(前10:00〜12:00)に出演。小池徹平(30)との音楽ユニット「WaT」解散の際、元SMAP中居正広(44)から「めちゃめちゃ怒られた」というエピソードを明かした。

 番組では、2016年12月31日をもって解散したSMAPの話題を取り上げ、MCのダウンタウン松本人志ら出演者たちがグループへの思い入れを語った。

 ウエンツは2015年、WaTの解散報道が出た直後、番組で中居と1対1でロケをする機会があり、今後について「その先どうすんの? また2人で歌うことあんの?」と中居からきかれたという。ウエンツが「個々にやりたいことがるので、それが済んだらまたやろうと思います」と答えると、中居からは「『もう一回歌う気があるなら解散するな』とめちゃめちゃ怒られて」と当時を振り返った。

 その上で「それでこれ(SMAP解散)だったので、すごいいろいろな報道が出るじゃないですか。そのオンエア見てるファンの方もたくさんいらっしゃいましたし…」と語り、解散という結果になってしまった中居の胸中をおもんばかった。

 松本も「解散でこれだけ惜しまれる人たちというのはいない。いちタレントとしてうらやましいなあ」とその偉大さを改めて称えていた。



オリコントピックス