• ホーム
  • 芸能
  • エレキコミック今立、異例の“国技館”結婚式 大槻ケンヂ&銀杏BOYZ峯田が歌で祝福

エレキコミック今立、異例の“国技館”結婚式 大槻ケンヂ&銀杏BOYZ峯田が歌で祝福

 お笑いコンビ・エレキコミックラーメンズ片桐仁(43)が28日、東京・両国国技館でコントライブ『エレ片 IN 両国国技館』を開催。ライブ中盤には、10月に一般女性との結婚を発表した今立進(41)の結婚式と披露宴が行われたが、ファンからの祝福を受けた今立は「年末の忙しい中、本当にありがとうございます!」と感謝した。

 MCを務めた相方のやついいちろう(42)が呼び込むと、布施明の「君は薔薇より美しい」に乗せて2人が入場。誓いの言葉を互いに宣言した後に、神父に扮した片桐と観客から「キス」コールが起こると、恥ずかしそうにしながらも2回にわたって熱い口づけ。国技館という場所にちなみ、片桐と今立の妻による「結びの一番」ならぬ「誓いの一番」と題した相撲対決も行われたが、勢い良く押し倒した今立の妻に軍配が上がった。

 エレ片らしく笑いに包まれた披露宴が行われる中、筋肉少女帯のボーカル・大槻ケンヂ銀杏BOYZ峯田和伸がスペシャルゲストとして登場。峯田のギターに乗せて、銀杏BOYZの名曲「BABY BABY」を2人が熱唱すると、会場は一転してしっとりとした空気に。その余韻が残ったまま、片桐が涙で声をつまらせながらスピーチを行うと、今立も「ちょっと泣いちゃいました」と涙をぬぐった。

 感動と笑いが共存した温かい結婚式と披露宴が終わると、コントコーナーへ突入。エレ片とレキシ池田貴史による“音楽ネタ”コントや、そこに峯田と新潟在住の3人組アイドル・ユニットNegiccoが加わった豪華メンバーによるコントにファンも大興奮。体を張った芝居で笑いを取った峯田は「生まれて初めてだったのですが、いいコントになったと思います」と充実感をにじませていた。

 同ライブは、TBSラジオ『エレ片のコント太郎』の放送10周年とコントライブ『コントの人』の第10回目を記念して開催された。



関連写真

  • 国技館で結婚式を挙げたエレキコミック・今立進 (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)やついいちろう、片桐仁、今立進 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス