• ホーム
  • 芸能
  • スマスマ最終回、視聴率は23.1% 瞬間最高視聴率は27.4%

スマスマ最終回、視聴率は23.1% 瞬間最高視聴率は27.4%

 きのう26日の放送で20年9ヶ月の歴史に幕をおろしたフジテレビ系人気番組『SMAP×SMAP』の平均視聴率は第1部が14.1%(後6:30〜後7:00)、第2部が17.4%(後7:00〜後10:00)、第3部が23.1%(後10:00〜11:18)だったことが27日、明らかとなった。(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。年内で解散となるSMAP唯一のグループとしてのレギュラー番組であり、31日放送の『NHK紅白歌合戦』への出場を辞退したことから、5人が揃うのはこれが見納めとなった。

 同日の放送では午後6時30分から同11時18分まで4時間48分にもわたる長時間編成で送られた。96年5月の元メンバー・森且行の脱退報告や2014年7月『27時間テレビ』内で敢行されたノンストップライブなどの名場面が放送され、午後10時50分ころに、初めてSMAPからのメッセージが届けられた。

 午後11時1分からは5人がそろって歌う最後の曲「世界に一つだけの花」がオンエア。色とりどりの多数の花に囲まれたスタジオで5人が思いを込めて、300万枚を突破したグループ最大のヒット曲を熱唱し、午後11時7分には、瞬間最高視聴率27.4%を記録した。

 エンディングでは、SMAPの5人と20年以上にわたる人気番組を支えてきた171名のスタッフと一人ひとりの記念撮影に応じた。番組の最後には、レギュラー放送時と同様に、東日本大震災の義援金の呼びかけが行われた。

 同番組は1996年4月15日にスタートし、この日までの放送回数は920回。平均視聴率は関東地区で18.2%、関西地区で16.7%、最高視聴率は2002年1月14日放送回で、関東地区は34.2%、関西地区で36.5%(視聴率はビデオリサーチ調べ)。

 最終回は番組がSMAPファンのみならずお茶の間から支持されてきたことを証明する数字を記録。まもなく、稀代の国民的グループがその看板を下ろすこととなるがその偉業と功績はこれからも多くの人の心に刻まれることだろう。



オリコントピックス