• ホーム
  • 芸能
  • シニア世代向け帯ドラマに常盤貴子、松岡茉優、草刈民代ら出演決定

シニア世代向け帯ドラマに常盤貴子、松岡茉優、草刈民代ら出演決定

 テレビ朝日とドラマ『北の国から』(フジテレビ系)などの倉本聰氏がタッグを組み、中高齢の視聴者向けに来年、新設される帯ドラマ枠“シルバータイムドラマ枠”で来春放送予定のオリジナルドラマ『やすらぎの郷(さと)』の出演者が追加発表された。

 同ドラマは、2クール放送の予定。物語の舞台は、テレビ人専用の老人ホームで、そこに集うのは全盛期の映画、テレビ界を支えた俳優、作家、ミュージシャン、アーティストたち。かつての大スター集団が繰り広げる、ノスタルジー漂う人間喜劇を作り上げる。

 主演の石坂浩二をはじめ、浅丘ルリ子有馬稲子加賀まりこ五月みどり野際陽子藤竜也ミッキー・カーチス八千草薫山本圭らの出演情報に加え、新たに草刈民代常盤貴子名高達男風吹ジュン松岡茉優らの参加が明らかになった。

 常盤が演じるのは、舞台となる「やすらぎの郷 La Strada」のコンシェルジュ・松岡伸子。伸子は入居者の世話のすべてを取り仕切る施設の実質的な責任者で、常盤は慎ましやかでありながら凛とした態度で入居者をサポートする伸子を、落ち着いた演技で表現する。

 倉本作品初出演となる常盤は、「私がこの作品にひかれたいちばんの理由は、そうそうたる大スターの皆さまとご一緒できるということ。何をおいても絶対に参加したいと思いました」と、大先輩たちとの共演に胸を躍らせている様子。

 松岡は、施設内のバー“カサブランカ”で働く明るいバーテンダー・財前ゆかりを演じる。いつも笑顔で周囲を和ませるゆかりは、入居者から“ハッピーちゃん”というあだ名でよばれているという設定。やはり倉本作品初挑戦の松岡は「私では到底、思い及ばない、さまざまな考えが盛り込まれた脚本で、1冊1冊に感動しています。また、いつかは共演してみたいと夢見ていた方々が集結する中に参加できることは、とても光栄に思います。大スター大俳優のそろったこの作品を、ぜひ若い方々にも観ていただけたら…」と語っている。

 「やすらぎの郷 La Strada」創設者の娘で施設の理事を務める名倉みどり役を、テレビ朝日系ドラマ『ドクターX〜外科医・大門未知子〜』の演技も好評な草刈が熱演。みどりは、父の作り上げた施設と、そこに入居した大スターたちのプライバシーを守るべく、冷静に尽力する理事。しかしながら、時にはわがままな入居者たちに振り回されてしまうことも。そんなみどりを、クールビューティーな魅力を持ちつつ、コメディーでも才能を発揮する草刈が、絶妙なバランス感覚で演じる。みどりの夫で、「やすらぎの郷 La Strada」の理事長・名倉修平に名高。主人公・菊村(石坂)の亡き妻・律子を風吹が演じる。



オリコントピックス