• ホーム
  • 芸能
  • バナナマン、スポーツ番組のMC抜てきに自虐「絶妙なバランス…」

バナナマン、スポーツ番組のMC抜てきに自虐「絶妙なバランス…」

 お笑いコンビ・バナナマンが21日、都内で行われたTBS系特番『スポーツ!天国と地獄〜語られなかったあの名場面のウラ側〜』(27日 後10:00〜11:54)収録後の囲み取材に出席。設楽統(43)は、スポーツ選手の知られざる一面に迫る同番組のMCとして収録を終えた感想について「ここが分かれ道だったんだっていうのを、ご本人に聞くことができたので、まぁー面白かったです」と声を弾ませた。

【写真】その他の写真を見る


 同番組では、世の中で報じられてきたスポーツ映像に隠された真相を一流アスリートたちが告白。数多くの視聴者の心を動かしてきた名場面や秘蔵映像をもとに、新しい事実や感動などを導き出していく。

 日村勇紀(44)は、資料映像の多さに感動したようで「僕たちはスポーツ大好きなんですが、TBSのカメラが本当にいろんなところに入っていて、みなさんが興味あるところを映しているんですよねー」と絶賛。今後のシリーズ化にも前向きなようで「(次は)格闘技とかもいいよね! TBSさんは格闘技をいろいろやっていますし、あとはアスリートじゃないけど『赤坂5丁目ミニマラソン』とかも」と呼びかけた。

 一方の設楽は「でも、僕らがスポーツ番組のMCをやる時点で絶妙なバランスですよね」と自虐。それでも「この年末迫った時に、スポーツを通して感動だとかを改めて学べるような、そんなスッと入ってくる番組になっています。感動もあり、笑う場面もあり、すごく貴重な時間になっていると思います」と手応えをにじませていた。

 囲み取材には、元競泳選手の北島康介氏(34)も出席した。



関連写真

  • TBS系『スポーツ!天国と地獄〜語られなかったあの名場面のウラ側〜』に出演する(左から)バナナマンの設楽統、北島康介氏、バナナマンの日村勇紀 (C)ORICON NewS inc.
  • TBS系『スポーツ!天国と地獄〜語られなかったあの名場面のウラ側〜』に出演するバナナマンの設楽統 (C)ORICON NewS inc.
  • TBS系『スポーツ!天国と地獄〜語られなかったあの名場面のウラ側〜』に出演するバナナマンの日村勇紀 (C)ORICON NewS inc.
  • TBS系『スポーツ!天国と地獄〜語られなかったあの名場面のウラ側〜』に出演する北島康介氏 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス