• ホーム
  • 芸能
  • 聖夜にロマンポルノを… 塩田明彦監督が猛プッシュ

聖夜にロマンポルノを… 塩田明彦監督が猛プッシュ

 『日活ロマンポルノ』製作45周年を記念して製作された映画『風に濡れた女』初日舞台あいさつが17日、都内で行われ、間宮夕貴(25)、永岡佑(34)、塩田明彦監督(55)が登壇した。

 同作は『日活ロマンポルノ・リブート・プロジェクト』第2弾。都会の喧騒を避け、過去から逃げるように山小屋で暮らす男・高介(永岡)が、生命力を持て余した野性味あふれる魅力を放つ女・汐里(間宮)との出会いによって、欲望の渦に巻き込まれていく様子を描く。

 間宮は役作りについて「監督からは『すべての人間・モノの頂点でいろ』ということを言われました。売られたケンカは買うけど、余裕を持ったような女性でいてほしいというようなイメージでしたね」と回顧。永岡は「実は、きょうは飛行機の日でもあるらしいんですけど、この“ロマンポルノ航空塩田便”が少しでも高く遠くへ飛ぶことを祈っています」と話した。

 塩田監督は、今作が香港でも同時期に上映される点に注目し「香港の人たちには、クリスマスをロマンポルノで過ごすことがどういうことなのかっていうことを聞いてみたいですね」とにっこり。「日本でもそうなんですけど、一応、日活お正月映画ということですから。『クリスマスは風に濡れて』とかいいですよね」とタイトルになぞらえたキャッチコピーまで披露し、聖夜の過ごし方を猛プッシュした。



関連写真

  • 映画『風に濡れた女』初日舞台あいさつに登壇した(左から)塩田明彦監督、間宮夕貴、永岡佑 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画のイメージを漢字一文字で表現(左から)塩田明彦監督、間宮夕貴、永岡佑 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス