• ホーム
  • 芸能
  • 2016年度CM好感度、auが2連覇 携帯電話会社がTOP4独占

2016年度CM好感度、auが2連覇 携帯電話会社がTOP4独占

CMに関する調査を行うCM総合研究所は14日、2016年度(15年11月度〜16年10月度)の銘柄別CM好感度ランキングを発表。俳優の松田翔太が桃太郎、桐谷健太が浦島太郎、濱田岳が金太郎に扮する「三太郎」シリーズが人気の【KDDI/au】が、2年連続で年間1位の座を獲得した。2位も2年連続で【ソフトバンク/Softbank】、3位は前年度9位から順位を上げた【NTTドコモ/NTT DOCOMO】がランクイン。4位にも【ソフトバンク/ワイモバイル】が入り、TOP4を携帯電話会社が独占した。

【au】は、「三太郎」シリーズを中心に56作品を放送。三太郎をはじめ、かぐや姫役の有村架純...

この記事の画像

  • 2016年CM好感度の1位は『三太郎』シリーズのKDDI (C)ORICON NewS inc.
  • 2位となったソフトバンクのCMにはギガちゃんと佐藤健が新加入 (C)ORICON NewS inc.
  • NTTドコモは綾野剛&高畑充希らが新聞記者を演じる「得ダネを追え!」シリーズで3位に返り咲き (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)かぐや姫役の有村架純、乙姫役の菜々緒 (C)ORICON NewS inc.
  • 前野朋哉が演じる新キャラ“一寸法師”も登場 (C)ORICON NewS inc.
  • “鬼ちゃん”を演じる菅田将暉 (C)ORICON NewS inc.
  • 乃木坂46・生駒里奈が“声役”を演じる謎の子犬

オリコントピックス