• ホーム
  • 芸能
  • 藤田ニコル、SNS疲れとやめられないジレンマを生告白

藤田ニコル、SNS疲れとやめられないジレンマを生告白

 モデル・タレントの藤田ニコル(18)が4日放送のTBS系『サンデー・ジャポン』(毎週日曜 前9:54)に生出演し、「SNS疲れ」を告白。「LINEもやめいたいし、ツイッターもやめたいくらい、でも自分がここまでこれたのはSNSのおかげだから」とやめられない現実とのジレンマを語った。

 藤田は11月25日、自身のツイッターに「携帯のない世界だったら SNSない世界だったらって考えた事 人生に3回くらいはあるなぁ」投稿。その後、2日間、投稿がなく、同27日に「二日間Twitterつぶやかないで休めてよかったぁ SNSがすべてじゃない それにまとわりつくと見失いがちなモノとか意外に頻度落としてみるとわかるかもね」とつぶやいたことで、ネット上では「SNS疲れでは?」と心配する声が挙がっていた。

 ツイッターのフォロワー数150万人以上。「9時間くらいツイッターにいなかったら『生きてるの?』と言われたり、絶対つぶやかなきゃいけない」と吐露していた。

 放送後、藤田は「つぶやいてまーす! これからイルミネーションのお仕事に!」と投稿。テレビを観ていたファンからは「気に病まないで」「義務じゃないんだから」「無理しないように」と理解を示すコメントが多数寄せられていた。



オリコントピックス