• ホーム
  • 芸能
  • アニメ『鬼灯の冷徹』新プロジェクト始動 第1弾はOAD

アニメ『鬼灯の冷徹』新プロジェクト始動 第1弾はOAD

 江口夏実氏の人気漫画を原作としたアニメ『鬼灯の冷徹(ほおずきのれいてつ)』の新プロジェクトが始動することが22日、発表された。第1弾として新作OAD(オリジナルアニメーションDVD)が制作される。

 スタッフも明らかになり、OADの総監督は鏑木ひろ氏、監督は『暁のヨナ』の米田和弘氏、脚本は後藤みどり氏に決定。アニメーション制作は『ひぐらしのなく頃に』シリーズや『昭和元禄落語心中』などのスタジオディーンが手がける。OADは来年3月23日に発売される単行本24巻の限定版に付属予定。限定生産品となるため、確実に購入したい場合は予約を推奨している。予約受付は来年2月6日までで、価格は3300円(税別)。

 原作は『モーニング』(講談社)にて連載中で、シリーズ累計発行部数1000万部を突破した人気作。地獄を舞台に、閻魔大王の第一補佐官・鬼灯を中心に個性的なキャラクターの日常を描くコメディー漫画で、2014年1月から3月にかけてテレビアニメが放送。終了後も再映像化を望む声が相次ぎ、今回の新プロジェクトにつながった。

 テレビアニメの放送から約2年が経ち、待望のアニメ新作が決定した『鬼灯の冷徹』。第1弾のOADの後も、第2・3弾の企画が続いていく。

■公式サイト
http://www.hozukino-reitetsu.com/



タグ

オリコントピックス