• ホーム
  • 芸能
  • 『KYO-ICHI』2代目王者はタイムマシーン3号 久々の優勝に歓喜「お客さんにのせてもらった」

『KYO-ICHI』2代目王者はタイムマシーン3号 久々の優勝に歓喜「お客さんにのせてもらった」

 漫才、コント、ピン芸、音ネタ、全てのジャンルが集い、この日最も面白い芸人“今日イチ”を決める生放送のネタ番組『笑わせたもん勝ちトーナメント KYO-ICHI』(フジテレビ)が11日に放送され、お笑いコンビのタイムマシーン3号が、前回覇者のミキに続いて2代目「KYO-ICHI」の栄冠に輝いた。

 『キングオブコント2016』チャンピオンのライスをはじめ、ジャルジャルとろサーモンなどと強者ぞろいのAブロックでトップバッターを務めたタイムマシーン3号。賞レースでは不利とされる番手だが、会場審査をなくしたことによる観客の温かい空気を力に変え、テンポの良い漫才で笑いをかっさらい、みごと視聴者投票1位を獲得して決勝戦へと駒を進めた。

 Bブロックを勝ち上がった笑撃戦隊、Cブロックを勝ち抜けたレイザーラモンとの決勝戦でも勢いは衰えず。メガネをテーマにした漫才で見事優勝を決め、MCのおぎやはぎ松岡茉優から「いやー面白い! 1本目の勢いそのままって感じだったね。おめでとうございます!」と絶賛された2人は「いやもう最高ですし、こんなにステキなものをもらえるとは」と優勝旗を手に喜びをかみしめた。

 放送直後に行われたインタビューでは「久しぶりの優勝、しかも生放送での1位なので、本当にうれしいです! 僕らは、お客さんが笑ってくれることがパワーになるし、一番うれしいから視聴者投票でKYO-ICHIになれて、本当にありがたいです」としみじみ。「スタジオセットがすり鉢状になっていたので、うけた時のお客さんの笑い声がとても気持ちよく伝わってきて、お客さんにのせてもらった感じです」と感謝を伝えていた。



関連写真

  • 「KYO-ICHI」2代目チャンピオンはタイムマシーン3号(C)フジテレビ
  • MCの松岡茉優とおぎやはぎも祝福(C)フジテレビ

オリコントピックス