• ホーム
  • 芸能
  • テレ東・狩野アナ、新番組でモヤモヤした「豊洲」を取材

テレ東・狩野アナ、新番組でモヤモヤした「豊洲」を取材

 テレビ東京・狩野恵里アナウンサーがメインキャスターを務める新経済ニュース番組『ゆうがたサテライト』(月〜金 後4:54〜5:45※後5:15〜関東ローカル)が7日にスタートする。「週5で取材に行くことを心がけたい」と意気込んでいる狩野アナは、初日から市場の移転問題でモヤモヤしている「豊洲」に取材に行くと予告。「いよいよ、『ゆうがたサテライト』のスタートまであと3日となり、身が引き締まる思いと ワクワクする気持ちとでいっぱいです」と待ちきれない様子だ。

 もともと11月7日は築地市場からの移転予定日。同番組では、この移転問題を経済目線で取り上げる。「卸売市場」の役割が変化し、私たちの食卓や飲食店への流通や価格も変化していることなどを取材。狩野アナは「この番組での自分の立ち位置は“視聴者代表”。日々現場に足を運び、自分の目、耳、肌で 感じたことをもとに、“生きるための経済ニュース”をお伝えしていきます! 日々、さまざまな現場で吸収して、わかりやすいニュースをお伝えできるよう、 走り続けます!」と語っている。

 狩野アナとともに番組を担当するのは、『WBS(ワールドビジネスサテライト)』 のフィールドキャスター、ニューヨーク支局の特派員など経て、経済現場の取材経験も豊富な進藤隆富(テレビ東京報道局)。「番組がスタートした翌日の8日には世界が注目する大イベントがあります。アメリカ大統領選挙の投票です。『ゆうがたサテライト』ならではの切り口で新大統領の政策が世界経済や日本にどのような影響をもたらすのか、取材します。大統領選は NY支局で予備選から取材を続けてきましたのでそんな経験を生かし、スタジオにも専門家を招いて徹底解説をする予定です」と、こちらも準備万端。

 初回放送では、狩野アナの豊洲取材のほか、ゼロ金利時代で運用難の中、高齢者を狙う海外の不動産詐欺事件を追跡。特命ディレクターが、フィリピンで闇の実態を暴くレポートなどを放送予定(※番組内容は変更になる場合があり)。



オリコントピックス