• ホーム
  • 芸能
  • 吉田拓郎の名曲「今日までそして明日から」、映画『恋妻家宮本』劇中歌に

吉田拓郎の名曲「今日までそして明日から」、映画『恋妻家宮本』劇中歌に

 歌手・吉田拓郎の名曲「今日までそして明日から」が、阿部寛天海祐希がW主演する『恋妻家宮本』(2017年1月28日公開)劇中歌として起用されていることが2日、発表された。劇中のエンディングでは、阿部、天海を含め出演した全キャストでフルコーラスを合唱している。

 同曲は、1971年7月21日発売された、吉田拓郎の作詞作曲による代表曲。過去には数多くのアーティストにカバーされており、1972年に映画『旅の重さ』の劇中歌、2001年にアニメ映画『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲』の挿入歌に使用されている。最近では、サントリーコーヒー『BOSS』の「地球調査シリーズ」新テレビCM「おまわりさん」篇に使用され、9月20日より全国でオンエアされている。

 原作小説『ファミレス』にも登場する同曲は「私は今日まで生きてみました」「明日からもこうして生きてゆくだろうと」と優しく歌い、これまでの人生に迷ってこれからの人生に不安を感じる主人公の中年オヤジ・宮本陽平の気持ちに寄り添い、そっと元気づけてくれる。聴き手に明日から生きる勇気を与えてくれる曲になっている。



関連写真

  • 吉田拓郎の代表曲である「今日までそして明日から」は、現在サントリーコーヒー『BOSS』の「地球調査シリーズ」テレビCMでもオンエアされている
  • 『恋妻家宮本』エンディングより

オリコントピックス