• ホーム
  • 芸能
  • 【東京国際映画祭】安藤サクラ、1年間“充電”していた

【東京国際映画祭】安藤サクラ、1年間“充電”していた

 女優の安藤サクラが2日、都内で開催中の『第29回東京国際映画祭』日本映画スプラッシュ部門公式出品作品『島々清しゃ(しまじまかいしゃ)』(2017年1月21日公開)舞台あいさつに出席。2014年に出演映画『白河夜船』の撮影を終えて以降、2015年10月に行われた同作の撮影まで約1年女優業を休んでいたことを明かし、「これをやることになるまで先のことを考えておらず、もしかしたら今後やらないこともあるかなっていう気もしていた」と、引退も可能性にあったという当時を振り返った。

【写真】その他の写真を見る


 同作は、沖縄を代表する作曲家・普久原恒勇氏の曲「島々清しゃ」を題材にしたドラマ。沖縄の慶良間諸島へとやって来たヴァイオリニストの女性と、わずかな音のズレも感じられる耳を持った少女の触れ合いを描く。『湯を沸かすほどの熱い愛』(公開中)の伊東蒼が主演を務め、故・新藤兼人監督を祖父にもつ新藤風監督がメガホンをとった。

 撮影は慶留間島、阿嘉島を中心に行われ、安藤は「映画に出るっていうことより、自分自身の経験として島に行きたいと思ってしまった。撮影中も、もしかしたらこれが最後になるかもしれないっていうくらい、先のことを考えず決めてしまいました」と回顧。

 神社で普段はしない願いごとをしたというエピソードを語った際には、現在抱く女優業への思いも込めて「お芝居、映画と出会ってこの肉体が今までみたいにうれしい気持ちになったり、その時間を愛おしく思える肉体であり続けられますようにと願った。そういう風に思える作品に出会えることをありがたく思って、これからもそういう作品にもう1度でいいからできれば多く出会えますように」と話した。



関連写真

  • 約1年女優業を休んでいたことを明かした安藤サクラ (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)安藤サクラ、伊東蒼、新藤風監督 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『島々清しゃ』の舞台あいさつに出席した新藤風監督 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『島々清しゃ』の舞台あいさつに出席した伊東蒼 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス