• ホーム
  • 音楽
  • 9nine、アメコミ界巨匠最新作でアニメキャラ化 声優&劇中歌も

9nine、アメコミ界巨匠最新作でアニメキャラ化 声優&劇中歌も

 4人組ガールズユニット・9nine(ナイン)が、『X-MEN』『スパイダーマン』などの原作を手がけたアメコミ界の巨匠、スタン・リー氏の新作アニメ『ザ・リフレクション』(来年世界同時配信予定)のキャラクターに抜てきされたことが明らかになった。メンバーが日本時間29日に米ロサンゼルスで開催された『STAN LEE’S L.A.COMIC CON2016』で行われた同アニメの制作発表会に出席し、発表された。

【写真】その他の写真を見る


 『ザ・リフレクション』は、リー氏が『蟲師』『惡の華』などを手がけたアニメ監督・長濱博史氏と強力タッグを組んで制作する完全オリジナルヒーローアニメ。「アメコミ×シ?ャハ?ンアニメーション」のコラホ?フ?ロシ?ェクトとなっている。

 9nineは劇中歌を歌うことも決定。プロデュースは、イエスの「ロンリー・ハート」や日本でも大ヒットしたt.A.T.u.の「All The Things She Said」などを手がけたUKロック界の大物トレヴァー・ホーン氏が担当する。ホーン氏が日本人をプロデュースするのは初となる。

 長濱氏は9nineを起用した理由について「数年前、ある番組で佐武宇綺さんとご一緒する機会があり、9nineのライブに呼んでいただいたのがきっかけです。初めて目にした彼女たちのパフォーマンスに圧倒され、『何か一緒に仕事をしてみたい!』と純粋に思いました」と説明。「劇中歌をぜひとも9nineにとお願いしました。さらに、彼女たちをモデルとしたキャラクターも登場させ、声優としても参加してもらいたいと思っています」と構想を明かした。

 佐武は「トレヴァーさんに日本人で初めてプロデュースしていただけることが、今でも本当に信じられないくらい夢のようです。涙があふれましたね…こればかりは…音楽という神様がくれたこのチャンスを絶対に無駄にできないと心に誓いました。日本人として誇りを持って、今回いただく楽曲を世界のたくさんの人に届けていけるように精一杯歌います!」と大感激。

 西脇彩華は「自分の特殊能力を“人のため”に使い、人々を救うヒーローアニメ『ザ・リフレクション』をお届けするチームの一員として、私達も強くてまっすぐな歌とダンスを通して、さらにアニメを楽しんでいただけるよう、グループ一丸となって皆さんに届けたいと思います」と気を引き締め、村田寛奈は「『ザ・リフレクション』と9nineが、どのような形になっていくのか、とてもワクワクしています」と心待ちにしている。



関連写真

  • 9nineがアメコミ界巨匠の新作アニメ『ザ・リフレクション』にキャラクター出演決定
  • 米ロサンゼルスで行われた『STAN LEE’S L.A.COMIC CON2016』で行われた制作発表会に出席した9nine
  • 新作アニメ『ザ・リフレクション』(C)Stan Lee・Hiroshi Nagahama/THE REFLECTION
  • 米ロサンゼルスで行われた『STAN LEE’S L.A.COMIC CON2016』で行われた制作発表会に出席した9nine
  • アメコミ界の巨匠スタン・リー氏
  • トレヴァー・ホーン氏が手がける劇中歌も9nineが担当

オリコントピックス