• ホーム
  • 芸能
  • 矢部美穂、子宮筋腫の手術終了を報告「もう少しの辛抱」

矢部美穂、子宮筋腫の手術終了を報告「もう少しの辛抱」

 タレントの矢部美穂(39)が29日、自身のブログを更新し、前日28日に子宮筋腫の手術を受けたことを明かした。

 矢部はUAE(子宮動脈塞栓術)の手術を受けたとし「昨日、無事にUAEの手術が終わりました。まだ少し麻酔がきいてますが、全身麻酔ではなく部分麻酔なため、逆に術中も意識がありちょっと怖かったですが…子宮動脈にカテーテルを入れて一時的に血流を止めて、筋腫が大きくなるための栄養・酸素を遮断する手法でした」と説明。

 今後、徐々にではあるものの、筋腫が縮小・壊死していくとし「体への負担も少なく、私にとってはありがたい手術でした」と医師に感謝した。

 術後の経過については「私の場合、麻酔が効きすぎて恐れていた痛みはありませんが、その代わりに吐き気・熱・朦朧としていて歩ける状態ではありません」としながらも「徐々に回復すると言われていますのでもう少しの辛抱だと思い頑張ります」と前向きにつづっている。



オリコントピックス