• ホーム
  • 芸能
  • “92歳”佐藤愛子氏の痛快エッセイ集が初の総合首位

“92歳”佐藤愛子氏の痛快エッセイ集が初の総合首位

【ランキング表】
BOOK TOP30 / 文庫 TOP30 / コミック TOP30

 92歳の作家・佐藤愛子氏によるエッセイ集『九十歳。何がめでたい』(小学館/8月発売)が、週間3.6万部を売り上げ、10/31付オリコン週間“本”ランキングの総合部門にあたるBOOK部門で同作初の1位を獲得した。

 大正12年生まれ、今年11月で93歳になる佐藤氏が『女性セブン』(小学館)に連載したエッセイに加筆修正を加えた今作。テーマは多岐にわたり、自らの老いのことや時代の進歩、世間を騒がせた事件や話題になったできごとに加え、新聞に寄せられた人生相談に対して勝手に回答する回もあり、その痛快かつ温かい言葉の数々が笑いと元気をもたらす1冊となる。

 2008年の発表・集計開始の当ランキングで、90歳以上の著者による同部門1位は2人目の快挙で、詩集『くじけないで』(2010年3月発売)で獲得当時(2011/1/17付から4週連続)99歳だった故・柴田トヨさん(101歳で逝去)が記録したのに次ぐ高齢での獲得。さらに今週付では同じく佐藤氏の著書『人間の煩悩』(最高3位:幻冬舎/9月発売)も同部門4位にランクイン(週間1.7万部)するなど、長きにわたる人生経験に裏打ちされた佐藤氏の冴えわたる金言の数々に脚光が集まっている。

 そのほかBOOK部門では『NHK大河ドラマ・ストーリー真田丸完結編』(作:三谷幸喜、制作協力:NHKドラマ制作班、編:NHK出版/10月発売)が2位を獲得(週間1.8万部)。文庫部門では『小説君の名は。』(新海誠/KADOKAWA/6月発売)が好調をキープし、2016/9/5付より9週連続の1位(週間5.4万部)を記録している。

■調査協力店
旭屋書店、アスマート、ANIPLEX+、アニメイト、Amazon.co.jp、いまじん・白揚、ヴィレッジヴァンガード、紀伊國屋書店、キャラアニ、くまざわ書店、ゲオ、コミックとらのあな、三省堂書店、三洋堂書店、ジュンク堂書店・丸善書店、セブンネットショッピング、TSUTAYA、戸田書店、ネオ・ウィング、明屋書店、フタバ図書、BOOK EXPRESS、ブックスタマ、芳林堂書店、未来屋書店、八重洲ブックセンター、有隣堂、楽天ブックス、リブロ、ローソンHMVエンタテイメント、WonderGOO ほか全国書店3,619店舗(WEB通販含む)※2016年10月31日付現在(五十音順)

■オリコン“本”ランキング
書籍を販売している全国の書店およびWEB通販の週間売上をもとに全国推定売上部数を算出し順位を確定。「BOOK」「コミック」「文庫」の主要3ランキングと、「新書」「ビジネス書」を毎週木曜日に発表する。今後も月曜日分の売上から翌日曜日分までの売上を週間ランキングとして集計。それらをもとに月間ランキング及び年間ランキングも発表する。

■禁無断複写転載
※オリコンランキング(売上枚数のデータ等)の著作権その他の権利はオリコンに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、スマホ、SNS)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。


【ランキング表】 BOOK TOP30 / 文庫 TOP30 / コミック TOP30



オリコントピックス