• ホーム
  • 映画
  • 新海誠監督『小説 君の名は。』 初の文庫部門1位

新海誠監督『小説 君の名は。』 初の文庫部門1位

【ランキング表】
BOOK TOP30 / 文庫 TOP30 / コミック TOP30

 8月26日に公開された長編アニメーション映画『君の名は。』の新海誠監督が書き下ろした原作『小説 君の名は。』(KADOKAWA 6月18日発売)が週間7.4万部を売り上げ、9/5付のオリコン週間“本”ランキングの文庫部門で初の1位を獲得。先週8/29付の週間4.2万部を上回り、同書の週間最高売上を記録している。

 『ほしのこえ』『雲のむこう、約束の場所』『秒速5センチメートル』『言の葉の庭』など、壮大な世界観で、すれちがう少年少女のラブストーリーを描いてきたアニメーション映画監督・新海誠氏が自ら書き下ろした同書。これまでの過去最高位は、7/4付と8/29付同部門で獲得した2位だったが、今週付で初の1位となった。

 関連書籍も、児童向けに送り仮名がついた『君の名は。』(著:新海誠、絵:ちーこ KADOKAWA 8月15日発売)が、総合部門にあたるBOOK部門で8/29付の51位から14位に上昇。書籍のみならず、同作の映画音楽を収録したロックバンド・RADWIMPSのニューアルバム『君の名は。』(8月24日発売)が、9/5付オリコン週間アルバムランキングで初登場1位を獲得したほか、映画興行収入でも公開3日間で早くも10億円を突破し1位を獲得するなど好調で、各方面でその注目度の高まりが波及するかたちとなった。

 そのほかコミック部門では、ウェブコミック配信サイト『ガンガンONLINE』で今年8月に連載5周年を迎えた椿いづみ氏の『月刊少女野崎くん』(スクウェア・エニックス 8月22日発売)の最新単行本8巻が週間29.9万部を売り上げ、前作7巻と前々作6巻が記録した3位を上回り、同シリーズ初の1位を獲得している。

■調査協力店
旭屋書店、アスマート、ANIPLEX+、アニメイト、Amazon.co.jp、いまじん・白揚、ヴィレッジヴァンガード、紀伊國屋書店、キャラアニ、くまざわ書店、ゲオ、コミックとらのあな、三省堂書店、三洋堂書店、ジュンク堂書店・丸善書店、セブンネットショッピング、TSUTAYA、戸田書店、ネオ・ウィング、明屋書店、フタバ図書、BOOK EXPRESS、ブックスタマ、芳林堂書店、未来屋書店、八重洲ブックセンター、有隣堂、楽天ブックス、リブロ、ローソンHMVエンタテイメント、WonderGOO ほか全国書店3,619店舗(WEB通販含む)※2016年8月29日付現在(五十音順)

■オリコン“本”ランキング
書籍を販売している全国の書店およびWEB通販の週間売上をもとに全国推定売上部数を算出し順位を確定。「BOOK」「コミック」「文庫」の主要3ランキングと、「新書」「ビジネス書」を毎週木曜日に発表する。今後も月曜日分の売上から翌日曜日分までの売上を週間ランキングとして集計。それらをもとに月間ランキング及び年間ランキングも発表する。

■禁無断複写転載
※オリコンランキング(売上枚数のデータ等)の著作権その他の権利はオリコンに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、スマホ、SNS)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。


【ランキング表】 BOOK TOP30 / 文庫 TOP30 / コミック TOP30



オリコントピックス