• ホーム
  • 芸能
  • 中越典子、佐賀市の顔に 熱気球デートの失敗談明かす「たこ焼きを…」

中越典子、佐賀市の顔に 熱気球デートの失敗談明かす「たこ焼きを…」

 女優の中越典子が佐賀市プロモーション大使に就任し19日、東京・世田谷の駒沢オリンピック公園中央広場で行われた委嘱式に出席。大使就任最初の仕事として、今秋開催予定の『2016佐賀熱気球世界選手権』の魅力を「とてもロマンチックで、中学生、高校生の時にはデートで行きました! 最初のデートでは、たこ焼きを全部ひっくり返しちゃって、恥ずかしい思いをしました…」とほほえましいエピソードとともにアピールした。

 同大使は、佐賀市出身またはゆかりのある著名人を通じて、市の歴史、文化、自然、物産などの魅力を広く発信し、佐賀の認知度およびイメージアップを図るための制度で、これまでに優木まおみはなわ、バリトン歌手の吉武大地の3人が就任している。

 中越は、佐賀市長の秀島敏行氏から委嘱状を受け取ると「この度は、PR大使という大変光栄なものに就任させていただきまして、ありがとうございます」とにっこり。「これまでも佐賀のことをテレビで自慢してきました。生まれ育ったところで、世界で一番好きな場所なので、全国の方々にその良さを知っていただくためにお手伝いしたいです」と力を込めていた。

 同所では「2016バルーンフェスタin駒沢」が、きょう19日から21日まで開催される。



関連写真

  • 佐賀市プロモーション大使に就任した中越典子 (C)ORICON NewS inc.
  • 佐賀市プロモーション大使委嘱式の模様 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス