• ホーム
  • 芸能
  • テロップ説明のスマスマ、平均視聴率12.1% 最高14.4%マーク

テロップ説明のスマスマ、平均視聴率12.1% 最高14.4%マーク

 今年12月31日をもっての解散を電撃発表したSMAPの冠番組『SMAP×SMAP』(フジテレビ 毎週月曜 後10:00)が15日放送され、瞬間最高視聴率が14.4%(午後10時25分)、平均視聴率が12.1%だったことが16日、わかった。(関東地区、ビデオリサーチ調べ)。事前収録となっていた今回、番組冒頭では「『SMAP×SMAP』の今後の対応につきましては近日中に視聴者のみなさまに報告させていただきたいと思います」と約24秒間にわたりテロップが表示された。

 同番組は1996年4月のスタート以来、SMAPメンバー全員がそろって出演する唯一のレギュラー番組として20年以上にわたり放送。今年1月に解散危機が報じられた際には、5人が番組に「緊急生出演」するかたちで騒動を謝罪したものの、グループの存続については明言を避けていた。

 解散発表後、初めて冠番組が放送されるとあり多くの注目が集まっていた。この日、テロップ表示後は通常通りの放送が行われ、人気コーナー『ビストロSMAP』では歌舞伎役者の片岡愛之助がゲスト出演した。

▽テロップ全文
「昨日、SMAPの活動についての発表がなされましたが『SMAP×SMAP』の今後の対応につきましては近日中に視聴者の皆さまに報告させていただきたいと思います。本日は予定通りの放送内容をお送りいたします。」



オリコントピックス