SMAP解散 ジャニーズ事務所コメント全文

弊社所属アーティスト「SMAP」今後のグループ活動につきまして

 いつもSMAPをご支援いただき、有難うございます。これまで皆様に大変なご心配をおかけしておりましたSMAPの今後の活動につきましてメンバーと協議を重ねた結果をご報告させていただきます。またメンバーの意思を尊重し、書面でのお知らせとなりましたことをお許しください。

 デビューより25年間アーティストとしてグループ活動をして参りましたSMAPは2016年12月31日を持ちまして解散させていただくことになりました。

 本年1月にSMAPメンバーより事務所に残りグループ活動を存続させたいという意向を受け、事務所一丸となってSMAPをサポートするべく各部署で様々な準備を進め、2月より8月10日まで半年以上の時間をかけて個々のメンバー並びに全員と面談を重ね、例年どおりの音楽番組への出演、ファンへの感謝をこめたコンサートの開催、さらには冠番組の20周年とCDデビューを記念したイベントの企画等を提案し、協議を進めてまいりました。

 しかしながら議論を続ける中で「今の5人の状況ではグループ活動をすることは難しい」というメンバー数名からの要望を受け、7月の音楽特番を辞退させていただいた経緯がございました。

 8月に入り、待っていて下さる方々の為にも、落ち着いて考える時間を持ち、前向きな状況が整うまでグループ活動をしばらく休むことを提案致しましたが、メンバー数名より「休むより解散したい」という希望が出たことを受け、苦渋の選択ではございますが、これまで一生懸命に走り続けた彼らの功績を尊重し、全員一致の意見ではないものの解散したいと考えるメンバーがいる状況でのグループ活動は難しいと判断し、本日の御報告となりました。

 25周年のコンサートやイベントを待ち望み応援してくださっているファンの皆さま、そして彼らを今日まで支えてくださった関係者の皆さまのご期待に応えることができず本当に心苦しく、私どもの力不足をお詫び申し上げます。誠に申し訳ございません。

 本年を持ちましてSMAPは解散させていただくことになりますが5人それぞれの所属が変わることはなく、より一層個人活動につきましては精進して参ります。

 彼らの活動を、これまで同様温かく見守っていただけましたら幸いです。今後ともご支援とご鞭撻のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。

 株式会社ジャニーズ事務所



オリコントピックス