• ホーム
  • 音楽
  • aiko、原作ファン『聲の形』主題歌依頼に興奮「うわぁああぁーーー!」

aiko、原作ファン『聲の形』主題歌依頼に興奮「うわぁああぁーーー!」

 シンガー・ソングライターのaikoが、9月17日公開のアニメ映画『聲の形(こえのかたち)』の主題歌を担当することが27日、わかった。aikoがアニメ映画の主題歌を担当するのは、2005年公開の『あらしのよるに』に提供した「スター」以来11年ぶりとなる。

 『聲の形』は13〜14年にかけて『週刊少年マガジン』で連載された大今良時氏の漫画が原作。『このマンガがすごい!2015』オトコ編第1位、第19回『手塚治虫文化賞』新生賞など数々の賞を受賞し、全7巻の累計発行部数250万部を突破した人気コミックが劇場版化される。

 監督はテレビアニメ『けいおん!』で初監督を務め、映画『たまこラブストーリー』(14年公開)で文化庁メディア芸術祭 アニメーション部門新人賞を獲得した、京都アニメーションの山田尚子氏。アニメーション制作は京都アニメーション、脚本は『ガールズ&パンツァー』などヒットシリーズを手がける吉田玲子氏が担当する。

 自他共に認める漫画好きで、原作の大ファンを公言していたaikoは「主題歌のお話をいただき本当にびっくりしました! 私は『聲の形』の漫画が大好きで、読んだ時感動して自分のライブのMCで1巻全部のストーリーを話してしまったほどなのです」と原作愛をアピール。

 主題歌の依頼を受け、「とてもうれしいのと同時に、この映画のそばにずっといられる歌をうたいたい!と強く思いました。最近1日中気合いが入っています、それが毎日続いています、大変ですがとてもとても幸せです!本当にありがとうございます!うわぁああぁーーーーーーーー!!!!!やったーーーーーーーーーーー!!!!!すいません…取り乱してしもて」と大興奮した。

 主題歌のタイトル、発売日など詳細は後日発表される。



オリコントピックス