• ホーム
  • 芸能
  • Google検索急上昇ランキング 2016年上半期1位は「ベッキー」

Google検索急上昇ランキング 2016年上半期1位は「ベッキー」

 Googleは27日、2016年上半期(1月1日〜6月17日)に検索数が急上昇したキーワードトップ10、話題のニュースランキングトップ10を発表。もっとも上昇したワード1位は、ロックバンド・ゲスの極み乙女。川谷絵音と不倫騒動が報じられたタレントの「ベッキー」だった。

 「キーワードトップ10」ではそのほか、解散危機が報じられたSMAPや覚せい剤で逮捕された清原和博被告など、芸能界での騒動・事件が多くランクイン。NHK連続テレビ小説『あさが来た』の“五代様”こと五代友厚役でブレイクした俳優のディーン・フジオカも8位に登場している。

 一方、「話題のニュース」ランキングでは、多くの被災者が出た「熊本地震」が 1位となった。2位の「おそ松さん」は、テレビアニメの最終回が放映された時期に、特に検索が急上昇している。


■2016年上半期急上昇ランキング
「キーワードトップ10」
1位:ベッキー
2位:SMAP
3位:熊本地震
4位:清原和博
5位:小林麻央
6位:前田健
7位:冨田真由
8位:ディーンフジオカ
9位:おそ松さん
10位:竹田圭吾

「話題のニューストップ10」
1位:熊本地震
2位:おそ松さん
3位:パナマ文書
4位:iPhone SE
5位:真田丸
6位:アイコス
7位:ズートピア
8位:僕だけがいない街
9位:あさが来た
10位:不機嫌な果実



オリコントピックス