• ホーム
  • 芸能
  • 松本人志、16億円で土地転売報道を否定「金額は全部ウソ」

松本人志、16億円で土地転売報道を否定「金額は全部ウソ」

 お笑いコンビ・ダウンタウン松本人志が19日放送のフジテレビ系『ワイドナショー』(毎週日曜 前10:00)に出演。一部週刊誌で、所有していた都内の土地を転売し数億円の利益を得ていたと報じられたことについて「金額は全部ウソ」と否定した。

 報道では、松本が2010年に東京・新橋の土地を約8億円で購入。今年に入りその土地を約16億円で転売し、数億円の利益を得たと報じている。番組冒頭、MCの東野幸治からさっそくこの件を追及された松本は「まあ、(記事に)怒ってはないですけど…、土地を売っただけ、それだけなんですよ」と苦笑いしながら土地の売却について認めた。

 一方、プロ並みの“土地転がし”テクニックで利益を得ているとの記事内容には「金額は全部ウソ。持ってたら損するから売っただけで、16億円(で売った)なんてありえないっす!」と完全否定。具体的な売却額には明言を避けたが「赤字になる前にギリギリ黒字で売っただけ、儲かってはいない」と明かした。

 13日には自身のツイッターで「そんな個人情報を?記事にするの?」と報道に疑問を投げかけていたが、この日も「どうせならもっと面白いネタを扱ってほしい」と改めて苦言。「巻頭グラビアとかオファーしてくれたほうがよっぽど面白い」とボケてみせ、周囲を笑わせた。



オリコントピックス