• ホーム
  • 芸能
  • 佐々木蔵之介、男性とのキスに照れ「女優さんより気遣う」 けいこ場に歯ブラシ常備

佐々木蔵之介、男性とのキスに照れ「女優さんより気遣う」 けいこ場に歯ブラシ常備

 俳優の佐々木蔵之介が14日、都内で行われた舞台『BENT(ベント)』トークセッション風けいこ場取材会に出席。同作で同性愛者を演じ、さらに俳優・北村有起哉とのキスシーンがある佐々木は「けいこ場に歯ブラシと口をゆすぐやつを置いている。(俳優とのキスは)女優さんよりも気を使う」と照れながら明かした。

【写真】その他の写真を見る


 同作はナチスドイツによる同性愛者への迫害を扱ったもので、マックス(佐々木)とホルスト(北村)の過酷な運命と究極の愛を描く。ハードは設定に佐々木は「できない」と一度オファーを断ったが、「台本をまた読んで、僕に表現できるのか、何か可能性があるのでは」と再考し、出演を決意したという。

 2人は過去に何度も共演しているが、今回は次第に引かれ合っていく役柄を演じるにあたり、佐々木は「北村さんがけいこ場で裸足に雪駄を履いている。それすらも愛おしくなってきた」と告白。「自由な芝居をするし、演劇人としてかっこいいと思うけど、一方でよくお酒飲むなぁ、けいこ着をちらかしているなぁと思う。でも、今はそれすらも愛おしい。女優さんは引いて見ちゃうけど、有起哉ちゃんに関しては近い感じ」と心境の変化を語った。

 一方の北村は「自分の首や肩のラインを見るようになった。蔵之介さんから作中で見られる(自分の)ラインはどうなんだろうと思って」といい、劇中には体は触れ合わない“エアーセックス”があり「いやらしい意味ではなく、作品の見どころの一つです」と胸を張った。

 取材会には演出の森新太郎氏も出席。MCはミッツ・マングローブが務めた。7月9日から24日まで東京・世田谷パブリックシアターで上演され、その後仙台、京都、広島、福岡、大阪を巡る。



関連写真

  • 舞台『BENT(ベント)』で同性愛者を演じる佐々木蔵之介 (C)ORICON NewS inc.
  • 舞台『BENT(ベント)』トークセッション風けいこ場取材会に出席した(左から)演出・森新太郎氏、佐々木蔵之介、北村有起哉 (C)ORICON NewS inc.
  • 花束ゲストのミッツ・マングローブ(左)
  • 舞台『BENT(ベント)』トークセッション風けいこ場取材会に出席した(左から)佐々木蔵之介、北村有起哉 (C)ORICON NewS inc.
  • 舞台『BENT(ベント)』トークセッション風けいこ場取材会に出席した北村有起哉 (C)ORICON NewS inc.
  • 舞台『BENT(ベント)』トークセッション風けいこ場取材会に出席した(左から)演出・森新太郎氏、佐々木蔵之介、北村有起哉 (C)ORICON NewS inc.
  • 舞台『BENT(ベント)』トークセッション風けいこ場取材会に出席した(左から)佐々木蔵之介、北村有起哉、演出・森新太郎氏 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス