• ホーム
  • 芸能
  • 『プロフェッショナル 仕事の流儀』初の弟子入り企画を実施

『プロフェッショナル 仕事の流儀』初の弟子入り企画を実施


 放送10周年を迎えたNHK総合の人物ドキュメンタリー番組『プロフェッショナル 仕事の流儀』(毎週月曜 後10:00)で、「18歳、プロに弟子入りSP」の企画が立ち上がり、弟子入り希望の若者(16〜18歳)を募集している(24日が締め切り)。

 同番組は、メジャーリーガーのイチロー選手やアニメーション作家の宮崎駿氏、プロサッカーの本田圭佑選手、将棋界のトップに君臨する棋士・羽生善治氏などの誰もが知る有名人から、さまざま分野の第一線で活躍する知る人ぞ知る達人まで。10年間に300人以上の“プロフェッショナル”の仕事場に密着してきた。

 選挙権年齢の引き下げに伴って注目される“18歳”。今回、弟子の選考過程から番組で取り上げていくことを予定しており、プロフェッショナルなりの切り口で“18歳”に迫る。

 弟子入り希望者は、特設サイトから番組公式アプリ「私の流儀」を使って制作した「自己PR動画」と、「エントリーシート」を提出。学生・職業不問。どのようなバックグラウンドを持った若者たちが、どのプロフェッショナルに弟子入りするのか。10月下旬の放送に向けて、進捗は随時公開される。

■特設サイト
http://www.nhk.or.jp/professional/18



タグ

オリコントピックス