• ホーム
  • 芸能
  • モハメド・アリさん死去 アントニオ猪木氏が追悼「ライバルを見送るのはつらい」

モハメド・アリさん死去 アントニオ猪木氏が追悼「ライバルを見送るのはつらい」

 ボクシング元ヘビー級世界王者のモハメド・アリさんが3日、米アリゾナ州の病院で74歳で死去した。1976年にアリさんと対戦を果たした元プロレスラーで参院議員のアントニオ猪木氏(73)は4日、所属事務所を通じコメントを発表。「かつてのライバルたちを見送ることは非常につらいものです」とその死を悼んだ。

 アリさんと猪木氏は1976年、新日本プロレスが企画した『格闘技世界一決定戦』の中の一試合で対戦。当時の日本プロレス界のエース・猪木氏とボクシング世界ヘビー級チャンピオンのアリさんによる異種格闘技戦は「世紀の一戦」と話題になった。試合は3分15ラウンドを戦った末「引き分け」と判定された。

▽以下、アントニオ猪木氏のコメント全文

逝去の報に接し、謹んでお悔やみ申し上げます。
最近では、体調を崩されているということを聞いて心配しておりましたが、こうして、かつてのライバルたちを見送ることは非常につらいものです。あの戦いから今年で40年。6月26日が『世界格闘技の日』と制定された矢先の訃報でしたので残念です。



オリコントピックス