• ホーム
  • 芸能
  • 上沼恵美子、『さんまのまんま』22年ぶり出演「あがっております」

上沼恵美子、『さんまのまんま』22年ぶり出演「あがっております」

 タレントの上沼恵美子(61)が、18日放送の『さんまのまんま大阪から生放送SP2016』(後3:00 関西テレビ)に生出演することが3日、わかった。上沼の出演は1994年以来、22年ぶり2回目。“お笑い怪獣”明石家さんま(60)と生対談する“関西のしゃべくり女王”上沼は「久しぶりの共演で、あがっております」と緊張気味に語っている。

 『さんまのまんま』は32年目、上沼がMCを担当する『快傑えみちゃんねる』は22年目。ともに同局の長寿番組のMCであり、同い年の2人が生対談する。22年前の放送では、さんまが「会ってしゃべるなんて夢のよう。すごい先輩」と恐縮。ラジオ番組『MBSヤングタウン』(毎日放送)でドアを開けた瞬間、上沼にぶつかってしまい平謝りしたのが初対面だという。上沼は「さんまちゃんやったらエエわ〜」と笑顔で許してくれたとか。しかし、当の本人に「覚えてないわぁ」と一刀両断されさんまはがっくり。爆笑トークを繰り広げた。

 坂田佳弘プロデューサーは「運命的にも同じ年に生まれ、長年芸能界のトップにいらっしゃるおふたり、関西のしゃべくり女王とお笑い怪獣の生トークが実現することに、今からドキドキ、ワクワクです。この奇跡をテレビの前でぜひ体感してください!」と期待を寄せている。

 他にも関西にゆかりのある芸能人をゲストに招き、2時間30分の拡大版で大阪・関テレ本社から生放送。



関連写真

  • 上沼恵美子が18日放送の『さんまのまんま大阪から生放送SP2016』(後3:00)で22年ぶり2回目の出演
  • 18日放送の『さんまのまんま大阪から生放送SP2016』(後3:00)では上沼恵美子が22年ぶり出演 (C)関西テレビ

オリコントピックス