• ホーム
  • 芸能
  • 玉置浩二、活動再開コンサートで16曲熱唱 “ハグポーズ”で感謝「ありがとう!」

玉置浩二、活動再開コンサートで16曲熱唱 “ハグポーズ”で感謝「ありがとう!」

 憩室炎のため、先月3日から活動を休止していた歌手の玉置浩二(57)が2日、東京・Bunkamuraオーチャードホールで行われたコンサート『KOJI TAMAKI PREMIUM SYMPHONIC CONCERT -21st CENTURY RENAISSANCE-』に出演。活動再開となった同公演で、バルカン特別編成交響楽団の演奏をバックにアンコールを含め全16曲を歌い上げた玉置は、ファンからの鳴り止まない拍手に“ハグ”のポーズを見せると「ありがとう!」と感謝の思いを伝えた。

 玉置は先月3日、以前から患っていた大腸憩室に細菌性の炎症(憩室炎)を起こし、入院したことを公式サイトで発表。その後、体調は快方へと向かい、同月20日深夜には妻でタレントの青田典子(48)がブログで「玉置が退院しました!!早速、コンサートに向けてリハーサルの準備です♪」と報告していた。

 2部構成で行われたこの日のコンサートで、玉置はオーケストラが奏でるメロディーに乗せて「オレンジ」や「ワインレッドの心〜じれったい〜悲しみにさよなら」メドレーなどを熱唱。アンコールで「田園」と「夏の終わりのハーモニー」を会場中に響き渡るような歌声で披露すると、ひときわ大きな拍手が送られていた。



関連写真

  • 『PREMIUM SYMPHONIC CONCERT 〜21st CENTURY RENAISSANCE〜』で活動を再開した玉置浩二
  • 活動復帰コンサートでは全16曲を熱唱

オリコントピックス