• ホーム
  • 芸能
  • 布袋、氷室ラストライブに「心震え、感動しました」

布袋、氷室ラストライブに「心震え、感動しました」

 ミュージシャンの布袋寅泰(54)が1日、自身のブログを「Respect」とのエントリーで更新。共にロックバンド・BOOWYとして活動した盟友・氷室京介(55)が5月23日に東京ドームで行ったラストライブを観たことを報告した。

     ◇

 『氷室京介LAST GIGS』最終日を観させていただきました。

 耳の不調と戦いながら、35曲をフルパワーで歌いきったボーカリスト魂、最後まで貫かれたストイックな美学に心震え、感動しました。

 ステージで歌う姿をもう観れないのはとても寂しいけれど、コンディションの回復を祈ると共に、これからの創作活動を楽しみにしています。

 貴方と出会い、貴方の隣でビートを刻み、歌い、踊り、笑顔を交わせたことは、ギタリストとして最大の喜びであり誇りです。

 心からの感謝と最大のリスペクトを込めて。

 ありがとう。そしてお疲れ様でした。

 I truly want to thank you from the bottom of my heart.

HOTEI

     ◇

 氷室が次のライブが最後になると発表したとき、布袋はブログで「もし彼が本当にステージから姿を消してしまうなら 最後のステージはせめて一曲でも 隣りでギターを弾かせてほしい そう願うのみ」とラブコールを送っていた。

 氷室のラストライブでは最後まで二人が共演することはなかったが、「DREAMIN'」で幕を開け、全35曲のラストナンバーには「B・BLUE」を選ぶなど、BOOWYに始まりBOOWYで終えたライブだった。



オリコントピックス