• ホーム
  • 芸能
  • 『笑点』、新メンバー加入決定 5・29生放送で発表

『笑点』、新メンバー加入決定 5・29生放送で発表

 日本テレビ系演芸番組『笑点』(毎週日曜 後5:30)の6代目となる新司会に春風亭昇太(56)が決定した。22日に放送された『笑点 歌丸ラスト大喜利スペシャル』で、この日を最後に司会を勇退する桂歌丸(79)から発表された。番組終了後に同局内で記者会見が開かれ、中村博行プロデューサーは、昇太の司会者就任に伴い、新たな大喜利メンバーを迎えることを明言した。

 中村プロデューサーは、新メンバーはすでに決まっているといい「昇太師匠の席に入るメンバーについて、各メンバーにお伝えしてあります」と説明。29日の生放送で、お披露目となることが明かされると、歌丸が「あそこは、私が座るんじゃないの?」と自ら名乗りを上げて、笑いを誘った。

 また、一部でうわさされていた、新司会者の“外部招へい”案については「歌丸師匠が勇退となり、みんなで話し合いました。フラットに番組を100年続けていくためには、大喜利はチームワークなので、外部の方に来ていただくことは早い段階でやめました」ときっぱり。「回答者の中から、ひとりずつシミュレーションしていき、2月頃に昇太師匠に決めました」と打ち明けていた。

 『笑点』は、1966年5月15日に放送を開始し、今年で50周年を迎えた。第1回から大喜利メンバーとして出演を続けてきた歌丸は、2006年5月21日の放送回から三遊亭円楽(5代目)の勇退を受けて、司会者に就任。きょうの生放送をもって大喜利司会を勇退し、終身名誉司会者として番組にたずさわっていく。

 会見には歌丸、昇太のほかに、林家木久扇(78)、三遊亭好楽(69)、三遊亭小遊三(69)、三遊亭円楽(6代目)(66)、林家たい平(51)、山田隆夫(59)も出席した。

■『笑点』司会者と担当時期
初代:7代目立川談志 1966年5月〜69年11月
2代目:前田武彦 1969年11月〜70年12月
3代目:三波伸介 1970年12月〜82年12月
4代目:三遊亭円楽(5代目) 1983年1月〜2006年5月
5代目:桂歌丸 2006年5月〜2016年5月
6代目:春風亭昇太 2016年5月〜



オリコントピックス