• ホーム
  • 映画
  • 鈴木敏夫P&押井守監督、30年前の旅行オフショット 宮崎駿監督も同行してた?

鈴木敏夫P&押井守監督、30年前の旅行オフショット 宮崎駿監督も同行してた?

 スタジオジブリの鈴木敏夫氏が日本語版プロデューサーを務める押井守監督最新作『ガルム・ウォーズ』(5月20日公開)の封切りを前に、同作にもつながりのある30年前のふたりのお宝オフショットが公開された。

 写真は、鈴木氏と押井監督、そして宮崎駿監督が1986年にアイルランドを訪れた際のワンシーン。『天空の城ラピュタ』が公開されたころ、鈴木氏と宮崎監督はその才能を高く評価していた若き日の押井守監督とともに、ケルト文化の遺跡が多く残る英国アイルランド地方を旅行した。

 ケルトとは、キリスト教文化が広まる以前に中部ヨーロッパから現在のイギリス諸島にかけて文明を築いた民族。ケルトの遺跡をはじめ、そのときのアイルランドで目にした荒涼とした光景に、押井監督は自身の原風景を感じたという。後に押井監督は「とにかく、その風景に目を奪われた。この世の果てみたいに寂寞としていて。いつかここで映画を撮ってみたいと思ったんだ」と語っている。

 その後、1990年代後半に立ち上げられた『G.R.M.』プロジェクトは、当初からケルト文化の影響を色濃く受けて構想されていた。それが『ガルム・ウォーズ』として具現化された映像中にも、ケルト由来の渦巻文様や登場するキャラクターの呼称(神の名ほか)、さらにケルト語を祖とするゲール語によって歌われた主題歌など、押井監督のケルトへのこだわりが多数ちりばめられている。



関連写真

  • 英国アイルランド地方を旅行した若き日の鈴木敏夫プロデューサー(左)と押井守監督(C)I.G Films
  • アイルランドを思わせる風景が広がる『ガルム・ウォーズ』劇中カット

オリコントピックス