• ホーム
  • 芸能
  • 市村正親、吉田鋼太郎ら“恩師”蜷川幸雄さん追悼

市村正親、吉田鋼太郎ら“恩師”蜷川幸雄さん追悼

 日本を代表する演出家の蜷川幸雄さんが12日午後1時25分、肺炎による多臓器不全のため死去した。80歳だった。訃報を受け俳優の市村正親、吉田鋼太郎、古田新太、藤木直人らが所属事務所や公式サイト、ツイッターを通じてコメントを発表した。

コメントは以下の通り。

■市村正親
50歳でリチャード三世で初めて演出頂きました。その後ハムレットを53歳。イチでハムレットをやりたいと言われ、こんなに光栄なことはありませんでした。そして蜷川さんの代表作NINAGAWA・マクベスをやらせて頂きました。渾身の魂からの演出に心から感謝です。最後の演出でしたがニーナと出会う事が出来て本当に役者としてシェークスピア俳優にさせて頂きました。感謝してもしきれません。運命を呪います。しかし現実を受け止め、これからは天国からの演出に心を傾けたいと思っています。悔しい!淋しいです!

■吉田鋼太郎
偉大な演出家であり、最大の恩師であった蜷川さんの訃報に言葉が見つかりません。今はまだこの現実を受け止められておりません。

■古田新太(劇団新感線)
もっともっと一緒に遊んで欲しかったのに、非常に悔しいです。
日本から天才がひとり消えました。
蜷川さんに怒られた事を心に刻んで、これからも頑張って行きます。

■藤木直人 ※一部抜粋
今日の稽古終わりでみんなに伝えられたのですがみんな泣いてました。僕も泣きました。他の皆さんに比べれば蜷川さんとの思い出は少ないのですが、一昨年から3年続けてご一緒させていただく事が出来ました。厳しい部分もお持ちでしたが、思い出すのは蜷川さんの優しい笑顔です。

そしていつでも俳優の事を守ってくださる方でした。去年は『海辺のカフカ』のワールドツアーでいろいろな国に行きましたが、どの国でも情熱的に迎えられ観客のリアクションも熱狂的で、改めて「世界のNINAGAWA」の凄さ、才能を肌で感じる事が出来ました。

今回の稽古場に来てくださる事は叶わなかったのですが、稽古が始まってすぐ、キャストのみんなで病院に会いに行きました。その時の「頑張って」という言葉と握った手の温かさが今も残っています。蜷川さんの想いを受け継ぎ、蜷川さんの名に恥じない作品になるよう、キャスト、スタッフ一丸となって進んで行くしかないです。心よりご冥福をお祈りいたします。

■田原総一朗
蜷川さんが俳優時代からの50年以上の付き合いだ。蜷川清水コンビの「真情溢るる軽薄さ」は演劇界を揺るがす大傑作だった。アングラ芝居の演出家からメジャー演劇の演出家へと大進撃をした蜷川氏は緊張溢るる人...



オリコントピックス