• ホーム
  • 芸能
  • 蜷川実花氏、父・幸雄さんを追悼「父の娘でいられたことを誇りに思います」

蜷川実花氏、父・幸雄さんを追悼「父の娘でいられたことを誇りに思います」

 演出家・蜷川幸雄さんの訃報を受け、娘で写真家・映画監督の蜷川実花氏が12日、自身のインスタグラムを更新し、追悼の言葉をつづった。

【写真】その他の写真を見る


 実花氏は窓越しの花の写真をアップし、「今日、父が逝ってしまいました。最期まで闘い続けたかっこいい父でした。父の娘でいられたことを誇りに思います」とコメントを添えた。

 蜷川さんは昨年12月半ばに軽い肺炎を起こし入院。現場復帰を目指し強い意志のもと治療とリハビリに励んできたが、12日午後1時25分に肺炎による多臓器不全のため、死去した。80歳。

 通夜は15日午後6時、告別式は16日正午より東京・青山葬儀所にて執り行われる。喪主は妻の宏子さん。

 実花氏は写真家として活動をスタートし、2001年に「写真界の芥川賞」と言われる木村伊兵衛写真賞を受賞。07年に土屋アンナ主演の映画『さくらん』で監督デビューし、父と同じ演技の分野に進出した。映像作品では沢尻エリカ主演の映画『ヘルタースケルター』(2012)、AKB48「ヘビーローテション」(2010)や三代目 J Soul Brothers「花火」(2012)のミュージックビデオなどを手がけている。



関連写真

  • 父・蜷川幸雄さん(右)を追悼した蜷川実花氏 (C)ORICON NewS inc.
  • 蜷川実花 (C)ORICON NewS inc.
  • 蜷川幸雄さん (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス