• ホーム
  • 芸能
  • 九州からアジアへ 福岡イケメングループ『10神アクター』の新戦略

九州からアジアへ 福岡イケメングループ『10神アクター』の新戦略

 これまで数々の女性アイドルグループが誕生した福岡で、異例ともいえる“イケメン”グループが、じわじわ人気を集めている。10人のイケメンからなる『10神アクター』は、歌・ダンス・芝居などすべてのエンターテインメントに通ずるスターを目指して活動中。1日にZEPP福岡にて開催されたワンマンライブは満員御礼。福岡放送(FBS)レギュラー番組『10神アクター』(毎週火曜 深夜0:59※他九州4局ネット)は、シーズン4に突入する好評ぶりだ。

【写真】その他の写真を見る


 結成は2014年。現在、岡進太郎(20)、北田祥一郎(18)、坂田隆一郎(22)、澤蝸コ介(21)、関岡マーク(24)、中島裕貴(16)、馬越琢己(22)、松島勇之介(19)、三岳慎之助(24)、山田健登(16)らが在籍。ひとえにイケメンといえど正統派王子様タイプから肉体派、三枚目、MC担当など幅広く、全員、スタッフが福岡の街でスカウトした300人弱の男の子からオーデションで勝ち上がってきたメンツがそろう。

 レギュラー番組ではまだ初々しさ漂う10人が、食レポだったり、車と競争したり、屋久島を旅したり、ドッキリに引っ掛けたり、スズメバチ駆除だったりと体を張ってチャレンジ。個々の特性を覚えてもらうため、坂田と山田による「サカタケント」などユニット活動を展開するなど、知名度・人気アップを図っている。

 番組プロデューサーの鎌倉由和氏によると、東京でのライブを要望する声も多く寄せられているというが、目指すはあくまで「東京」ではなく「アジア」。2月には日本テレビ『スッキリ!!』で地方発イケメングループ”として全国放送初出演を果たしたが、まずは九州での人気を定着させ、アジア進出を見据えているという。

 17日・24日の放送ではアジア進出のさきがけとして、タイ・バンコクでのロケを敢行。地元のアイドル雑誌の取材や地元テレビ局の番組出演をかなえた。次に狙うインドネシアでも同様の活動を予定している。地元での知名度を確保しつつ、全員がアジアの玄関口=福岡在住という点を強みに、アジア進出を念頭においた新しいプロジェクトとしている。

 “地方発”の先輩として、結成6年目、東海エリア出身・在住のメンバーで構成されたイケメンボーイズグループ『BOYS AND MEN』が、2作連続および2ヶ月連続でオリコンシングルCDランキング首位を獲得するなど、人気急上昇中。10神アクターも同じ地方発グループとして、今後の飛躍に期待したい。



関連写真

  • 福岡発のイケメングループ・『10神アクター』が人気を集めている
  • 福岡発のイケメングループ・『10神アクター』による福岡放送・レギュラー番組『10神アクター』はシーズン4に突入 17日放送回ではアジア進出にさきがけタイロケを敢行 (C)FBS
  • 福岡発のイケメングループ・『10神アクター』による福岡放送・レギュラー番組『10神アクター』はシーズン4に突入 17日放送回ではアジア進出にさきがけタイロケを敢行 (C)FBS
  • 福岡発のイケメングループ・『10神アクター』による福岡放送・レギュラー番組『10神アクター』はシーズン4に突入 17日放送回ではアジア進出にさきがけタイロケを敢行 (C)FBS
  • 福岡発のイケメングループ・『10神アクター』による福岡放送・レギュラー番組『10神アクター』はシーズン4に突入 17日放送回ではアジア進出にさきがけタイロケを敢行 (C)FBS
  • 福岡発のイケメングループ・『10神アクター』による福岡放送・レギュラー番組『10神アクター』はシーズン4に突入 17日放送回ではアジア進出にさきがけタイロケを敢行 (C)FBS
  • 福岡発のイケメングループ・『10神アクター』による福岡放送・レギュラー番組『10神アクター』はシーズン4に突入 17日放送回ではアジア進出にさきがけタイロケを敢行 (C)FBS

オリコントピックス